さがみはら中央区版 掲載号:2014年1月23日号
  • googleplus
  • LINE

小田急多摩線延促協 早期実現、国にアピール 市内20万人の署名めざす

議員連盟や町田市・愛川町の市民団体との連携も
議員連盟や町田市・愛川町の市民団体との連携も
 小田急多摩線延伸促進協議会(成川猛会長)は2月末まで、同線延伸の早期実現を求める署名運動を行う。来年想定される国土交通省の「交通政策審議会」で、現在位置づけられているB路線(今後整備を検討すべき)から、A路線(目標年次までに整備を推進すべき)への格上げをめざし、市民20万人分の声を国に届けるのがねらい。

 小田急多摩線延伸促進計画では、同線の終点唐木田駅(多摩市)から町田市を通り、相模原駅、上溝駅、愛川町方面への延伸をめざしている。住民の利便向上に加え、地域の活性化などへも期待が高まる。

 同協議会は沿線地区の自治会連合会や商店会で構成された市民団体で、2002年に発足以降、市民まつりなどでのPR活動や関係機関への要望活動を行っている。計画実現にあたっては、国が定める鉄道整備の基本企画である「交通政策審議会」でA路線に位置づけられることを目標とするが、同様にA路線をめざす案件は県内でも多数存在。15年に一度の開催が想定される審議会を来年に控えていることから今回、官民の強い要望があることをアピールするため、署名活動を決めた。

 署名目標は、2005年の相模総合補給廠返還を求めた署名数と同等の20万人。延伸については2005年に施行された「都市鉄道等利便増進法」に基づき、鉄道延伸についての調達資金が国と行政(都・県・市)、事業者(小田急)が3分の1ずつの負担で済むようになったことや、補給廠返還で鉄道用地が確保されたことも追い風となり、実現に向けた機運が更に高まりつつあるという。

 成川会長は「署名活動がA路線に上がる大きな足掛かりになれば」と話している。1月23日(木)〜25日(土)には市内各駅で、街頭署名を予定している。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「100年クスノキ」後世に

相原高校

「100年クスノキ」後世に

3月29日号

新たな動脈「東西道路」開通

ダムアワードを初受賞

相模・城山宮ヶ瀬ダム

ダムアワードを初受賞

3月22日号

東海大相模にエール

選抜高校野球大会出場

東海大相模にエール

3月22日号

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市初開催企画

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

スポーツ通じ「共生社会」を

市内障害児・者支援団体

スポーツ通じ「共生社会」を

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク