さがみはら中央区版 掲載号:2014年2月13日号
  • googleplus
  • LINE

大野小に津波伝承館 2月16日  児童が招致

本番に向け、伝承館のスタッフ(右中央)を招き準備をする児童
本番に向け、伝承館のスタッフ(右中央)を招き準備をする児童
 市立大野小学校(南区古淵/山重ふみ子校長)6年1組の児童32人が企画したイベント「東北とつながろうフェスティバル」が2月16日(日)、同校体育館などで開催される。当日は東日本大震災の被災地、岩手県大船渡市から大船渡津波伝承館(齊藤賢治館長)を招き、パネル展示や被災体験の「語り」などを行う。一般の入場も可能。

 自分たちで決めた課題を調べ、答えを導き出す総合学習の授業。6年1組では復興支援をテーマに、「どうやったら東北の力になれるか」を課題とした。

 昨年6月、映像で被災地・岩手県の状況を見、被災地の子どもたちによる作文集『つなみ』(文藝春秋)を読み、そこから感想を紡ぎ、自分たちにできることを話し合った。出た結論(課題の解決法)は「東北とつながる」こと。夏休みには、3人の児童がそれぞれ家族らと大船渡市などを訪問した。担任の木谷隆人教諭は「『何かしたい』と強く感じたようです」と話す。

 児童らの東北への思いが具体的な形となったのは昨年9月。相模原を訪れた角田陽介大船渡市副市長の講演を聴き、児童らは震災の教訓を後世に伝えようという「復興情報杭」の存在を知った。これには、スマートフォンなどで情報読み取りができるよう、QRコードを組み込むなどした仕組みがある。街なかに建てることで、被災地から離れた場所にいても震災に関わる情報や復興状況、震災前の街並みがわかるようになっている。児童らは「大野小にもその杭を」と思案。話し合いの中で、情報杭の普及に取り組み、さらに資料展示を通じて震災を語り継ぐ活動をしている「津波伝承館」にたどり着き、同館を招致する運びとなった。

 フェスティバルの開催時間は午前10時30分から午後3時30分まで。児童による大船渡音頭の披露もあり。

 なお、大野小への情報杭の設置は2月下旬を予定している。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク