さがみはら中央区版 掲載号:2014年3月6日号
  • googleplus
  • LINE

SC相模原 J3優勝へ いざ初陣 3月9日 ホームで開幕戦

開幕へ向け、練習にも熱がこもる=2月28日、綾瀬スポーツ公園
開幕へ向け、練習にも熱がこもる=2月28日、綾瀬スポーツ公園
 今年新設のJ3(Jリーグディヴィジョン3)に所属する地元サッカークラブ・SC相模原(望月重良代表/昨年JFL3位)は3月9日(日)、ホームでリーグ開幕戦を迎える。木村哲昌監督は今季を「J1をめざすための大事な1年」とし、優勝をめざすことを誓った。

 今季を占う意味でも重要な一戦となる初戦は、3月9日(日)。今月から名称が変わったホームの「相模原ギオンスタジアム」(南区下溝/旧相模原麻溝公園競技場)で、昨季JFL7位のツエーゲン金沢を迎え撃つ(午後1時キックオフ)。昨年のJFLでの対戦ではホーム、アウェー戦ともに引き分けている相手だけに、勝利で今後に弾みをつけたいところ。木村監督は金沢について、「フォワードも脅威で、要注意な相手」と警戒する。

 SCが今季所属するJ3は、昨季所属したJFLと違い全てプロチーム。町田ゼルビアなど12チームが所属し、総当たり3回戦制の全33節(リーグ閉幕は11月)が行われる。1位はJ2へ自動昇格。2位は入れ替え戦に進む。

 就任3年目を迎え勝負の年となる木村監督は、「人とボールが連動したパスサッカーで、一戦一戦大事に戦っていきたい」と話す。課題は守備力。昨季、得点数はリーグ3位も、失点が多く勝ち点を取りこぼしていたこともあり、一対一に負けない粘り強さをつけ、守備の立て直しを図る。

 一方、クラブは現在、昇格に必要なライセンスを所持していないため、今季J3で優勝しても上のカテゴリー(J2)へ上がることができない。創設時の目標であるJ1加入をめざすためにも、J3優勝とともに、ライセンス取得に向けた動きも進めていきたい考え。

 新戦力10人を加え、新たな船出を切ったSC。「目標は一つ、J3優勝です」と木村監督。チームカラーの緑でホームを埋め尽くし、選手に熱い声援を送ろう。

先着でプレゼント

 クラブ事務局では、開幕を記念し、先着2000人に、SCオリジナルTシャツをプレゼント。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「100年クスノキ」後世に

相原高校

「100年クスノキ」後世に

3月29日号

新たな動脈「東西道路」開通

ダムアワードを初受賞

相模・城山宮ヶ瀬ダム

ダムアワードを初受賞

3月22日号

東海大相模にエール

選抜高校野球大会出場

東海大相模にエール

3月22日号

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市初開催企画

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

スポーツ通じ「共生社会」を

市内障害児・者支援団体

スポーツ通じ「共生社会」を

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク