さがみはら中央区版 掲載号:2016年6月16日号 エリアトップへ

高校野球組み合わせ決定 頂上めざし、舞台揃う 東海大相模は7月16日初陣

スポーツ

掲載号:2016年6月16日号

  • LINE
  • hatena

 第98回全国高校野球選手権神奈川大会の組み合わせ抽選会が、6月11日に横浜市の県立青少年センターで行われ、出場188チームによる組み合わせが決定した。大会は、7月10日(日)に横浜スタジアムで開幕する。

 昨夏の全国選手権大会で日本一に輝き、神奈川大会では3連覇がかかる東海大相模高校は、第2シードとして2回戦から登場。春季県大会の4強に振り分けられた第1シードの中で、慶応義塾高校のゾーンに入った。互いに勝ち進めば、準々決勝で対戦する。初戦は7月16日(土)、サーティーフォー相模原球場(以下、相模原球場)で。対戦相手は、7月12日(火)にいせはらサンシャイン・スタジアムで行われる上鶴間高校とアレセイア湘南高校の勝者。

 中央区内の学校では、上溝高校と上溝南高校が12日に6校の先陣を切る。上溝は相模原球場の第1試合で柏陽高校と、上溝南は大和スタジアムの第2試合で旭高校と対戦する。14日(水)には、相模田名高校が相模原球場の第2試合で新栄高校と、麻布大学附属高校が横須賀スタジアムの第2試合で関東学院と激突。

 昨夏、めざましい躍進を見せ、第一シード校として出場し、4回戦で強豪・横浜高校と熱戦を繰り広げ、話題を呼んだ相模原高校は、今夏は2回戦から登場。16日にサーティーフォー保土ヶ谷球場の第1試合で、高津高校と座間高校の勝者と対戦する。

 今年の春季大会でベスト16入りした弥栄高校も2回戦からの登場。17日(日)に俣野公園横浜薬大スタジアムでの第1試合で金沢高校と山手学院の勝者と対戦する。

弥栄シードで臨む

 今年4月に行われた神奈川県高等学校野球春季大会で区内で唯一、4回戦に進出し、ベスト16入りを果たした弥栄高校。今夏は第3シード校として臨む。

 部員数が多く、激しいレギュラー争いが行われている中で、お互いに切磋琢磨し合い、強さを磨いているという同校。鶴岡英一監督は、組合せに関して「厳しい山に入った」としながらも、「とにかく目の前の一戦一戦を集中して戦う」と意気込みを語った。

 春季大会では、4回戦で横浜高校と対戦し、11対1で負けている同校。今夏もともに順当に勝ち進めば5回戦で対戦することになる。春の雪辱となるか。期待がかかる。

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

商店街応援 今年も補助金

商店街応援 今年も補助金 経済

市 「地域ににぎわいを」

5月26日号

4回目 接種券を発送

新型コロナワクチン

4回目 接種券を発送 社会

あすから 60歳以上など

5月26日号

農園と発電 地域を元気に

農園と発電 地域を元気に 社会

青野原に6月オープンへ

5月26日号

ガールスカウトに関心増

ガールスカウトに関心増 教育

リーダー育成 保護者注目

5月19日号

150周年へ 実行委始動

150周年へ 実行委始動 教育

上溝小 来年10月記念事業  

5月19日号

「維持希望」が6割超

銀河アリーナ

「維持希望」が6割超 社会

市民アンケートの結果

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook