さがみはら中央区版 掲載号:2017年1月1日号 エリアトップへ

リニアまで10年、整備進む 橋本駅周辺 計画定まる

社会

掲載号:2017年1月1日号

  • LINE
  • hatena
※市提供の画像を本紙にて加工 ※建築物の高さやデザイン、配置など詳細はイメージであり、変更していく可能性がある
※市提供の画像を本紙にて加工 ※建築物の高さやデザイン、配置など詳細はイメージであり、変更していく可能性がある

 2027年のリニア中央新幹線、東京・名古屋間の開業予定まであと10年。その中間駅が設置される橋本駅周辺の整備の現況と今後の展開をまとめた。

 橋本駅周辺については、駅を中心とする約120haを対象に、広域交流拠点「さがみはら新都心」として昨年8月、JR相模原駅との一体的な整備計画が策定された。

 計画では、リニア開業を見すえ優先的に土地利用を図る地区とされる駅南口には駅前広場などが見込まれる「広域交流ゾーン」や飲食店などが連なる「複合都市機能ゾーン」、展示場などを配置する「ものづくり産業交流ゾーン」が置かれることが盛り込まれ、現在はゾーン内の具体的な整備内容を検討している段階。市リニア駅周辺まちづくり課によると、広域交流ゾーンには高速バスが乗り入れる「市のバス拠点」となるようなバスターミナルや観光案内所などの機能を取り込んだ交通広場の配置も今後検討されていくという。

 17年度以降は、事業の費用対効果などの意見を市民から募る大規模事業評価を経て、18年度以降に都市計画決定がなされる見込み。

 中間駅はJRと京王電鉄の橋本駅南口にある相原高校の敷地に建設されるため、リニア開業に先駆け同校は職業能力開発総合大学校相模原キャンパス(緑区橋本台)跡地へ2019年度中に移転する予定。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

サンプル 「故郷」で公開

はやぶさ2カプセル

サンプル 「故郷」で公開 社会

津田氏「宇宙詰まっている」 

12月9日号

子ども10万円 準備手探り

相模原市

子ども10万円 準備手探り 社会

年内支給開始「漏れなく」

12月9日号

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 社会

感染者減少も警戒継続

12月2日号

地元飲食店と弁当開発

富士見小児童

地元飲食店と弁当開発 社会

9日に市役所で販売会

12月2日号

大型物流施設 市民に開放

大型物流施設 市民に開放 文化

市長ら招き「街びらき」

11月25日号

男子が25年ぶり栄冠

東海大相模陸上競技部

男子が25年ぶり栄冠 スポーツ

県高校駅伝大会

11月18日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook