さがみはら中央区版 掲載号:2019年1月17日号 エリアトップへ

医療少年院、3月末で閉庁 小山での41年 移転で幕

社会

掲載号:2019年1月17日号

  • LINE
  • hatena
1月10日に行われた式典(上)、神奈川医療少年院(下)
1月10日に行われた式典(上)、神奈川医療少年院(下)

 区内小山にある神奈川医療少年院(澁谷伊織院長)が今年3月末で閉庁する。これに伴い、10日には式典「さようなら神奈川医療少年院ありがとう相模原」が開催され、同施設の関係者や関連団体のほか、同施設での少年の矯正教育に様々な立場でかかわってきた地域住民らも足を運んだ。

 神奈川医療少年院の前身は、1947年に東京都渋谷区に設置され、49年に収容を開始した東京少年院(51年に東京医療少年院に改称)。小山の地には当時、神奈川少年院があったが、78年に閉庁したのに伴い、その跡地に東京医療少年院が移転。神奈川医療少年院と名称を変え、同年から41年もの間、歴史を積み上げてきた。

 神奈川医療少年院は、家庭裁判所の審判で保護処分の執行の決定を受けたおおむね12歳から23歳までの男子少年のうち、知的障害またはその疑いのある者、情緒障害もしくは発達障害またはその疑いのある者で、それに準じた処遇を必要とする者を収容し、矯正教育などを実施する施設。現在は、北海道から関東圏の少年約50人が在院。在院者は、日々の生活指導と治療的指導により、基本的な生活習慣を身に付けると同時に、再度非行に走らないための指導や職業指導を受けることで、社会復帰をめざしている。

 同施設では、少年たちが退院後にスムーズに社会になじめるようにするのと同時に、施設に対する地域の理解を得る目的で、様々な場面で地域との交流の機会を設けてきた。同施設で行われる教科指導では、元教員の地域住民を外部講師として招き、障害特性に合った「楽しくわかりやすい授業」を実施。体育指導では地元サッカークラブ・SC相模原の協力を得てきた。あわせて、盆踊りや運動会には地域住民を招待し、市内の保護司との交流も積極的に行った。そして、外出が可能であると判断された少年については、社会貢献として市内の特別養護老人ホームに赴き、介護のサポートを行う活動に取り組んできた。10日の式典では澁谷院長が「民間や地域の皆さんに支えられてきた」と感謝の言葉を述べた。

 今後、同施設は関東医療少年院とともに東日本少年矯正医療・教育センターとして東京都昭島市の国際法務総合センターの敷地内に移転。跡地は法務省の管理下に置かれる。その後の活用法などについては未定だ。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

「アンコン」で市内初の金

共和中合唱部

「アンコン」で市内初の金 教育

関東への切符つかむ

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

区内から2社認定

神奈川なでしこブランド

区内から2社認定 社会

細かな需要への対応評価

2月6日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

1月30日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク