さがみはら中央区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

五輪自転車ロードレース 本大会さながら、市内熱狂 ボランティアも運営支援

スポーツ

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
橋本方面から小倉橋を渡り、山間部へと入る選手たち=21日、小倉橋西側で撮影
橋本方面から小倉橋を渡り、山間部へと入る選手たち=21日、小倉橋西側で撮影

 東京五輪自転車ロードレース競技のテストイベントが21日、武蔵野の森公園(東京)から富士スピードウェイ(静岡)までの約189Km(非競技区間10Km含む)のコースで開かれ、9カ国約100人の選手が本番さながらのレースを展開した。

 市内緑区がコースの一部となっていることから、市では区内9カ所に観戦スポットを設置。そのうち6カ所に案内所を設け、五輪関連グッズなどを配った。

 沿道からは大勢の人が選手に声援を送った。約600人のコースサポーターは、ボランティアで観戦者の誘導や資機材設置・撤去などに協力した。

 旧小倉橋西側の沿道にも人だかりができた。息子や友人と八王子から観戦に訪れた久野朋英さん(44)は「趣味で自転車に乗っていて昔よくこの道を走った。坂もあり見応えがある。自分が練習した道を有名選手が走り、身近に感じた」と感想を話した。息子の透輪さん(10)は「選手が格好よかった」と話していた。

 市オリンピック・パラリンピック推進課は「人が集まり、全体的に非常に盛り上がった」と大会を振り返り、「沿道の自治体や五輪組織委員会などと課題を検証し、来年の本大会の運営に生かしていきたい」と話した。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

橋本公園で代替イベント

東京五輪聖火リレー

橋本公園で代替イベント 社会

ランナー87人が集結

6月24日号

ドローンで災害対策

ドローンで災害対策 社会

市内3事業者が協会設立

6月24日号

ブラジル大使、市内視察

東京五輪事前キャンプ

ブラジル大使、市内視察 スポーツ

リモートで市民交流検討

6月17日号

高齢者完了へ 対応急ぐ

市ワクチン接種状況

高齢者完了へ 対応急ぐ 社会

12〜64歳 今月から券発送

6月17日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

「J2残留が目標」

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter