さがみはら中央区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

相模女子大 清川村と包括協定 商品の共同開発も加速

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
締結式参加者による記念撮影。協定書を手にする風間学長(前列中央右)、岩澤村長(前列中央左)、プロジェクトに参加している学生ら
締結式参加者による記念撮影。協定書を手にする風間学長(前列中央右)、岩澤村長(前列中央左)、プロジェクトに参加している学生ら

 相模女子大学・同短期大学部(南区文京)が8月26日、清川村と連携と協力に関する包括協定を締結した。「新たな特産品の研究・開発」をはじめ、「教育・文化の振興」「観光振興」「村民サービス向上や地域活性化」など、多岐に渡る分野で連携を図る。

 地域活性化に取り組む清川村では、2018年度に村内に「ローカルイノベーション拠点施設」を整備し、地域の食材を活用した6次産業化を研究。豊かな発想を持つ若者との連携を模索していた。一方、学生の地域活動を推進している相模女子大学も、新たな活動の場を求めており、双方の思いが一致。同年に「清川村特産品開発プロジェクト」が発足した。

 すでに村の特産品を活用した食肉加工品やジェラート、レストランメニューなど、40人の学生が6つのグループに分かれて開発を進めている。これら官学の連携をより効率的に展開するため、このたび協定が結ばれた。

相互に実りあるものに

 協定締結式は同大学内の「夢をかなえるセンター」で行われ、風間誠史学長、清川村の岩澤吉美村長、プロジェクトに参加している学生らが出席。岩澤村長は「特産品開発では、既に多くの学生さんに協力していただいており、熱心な取り組みに感謝しています。包括協定を結べたことで、更なる清川の振興発展につながると期待しています」と話した。風間学長は「学生が地域の方と交流することで、大学では学べない様々な事を学ぶことができる。良い関係を結び、相互に交流を深められたら」と話した。

 今後は、11月に行われる同大学の学園祭で、学生が考案したメニューの試験販売を予定しているほか、ジェラートは年内、食肉加工品は2020年度以降の商品化を目指すとしている。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

史上初の10代名人に

囲碁棋士芝野虎丸さん

史上初の10代名人に 文化

南区出身 入段5年で快挙

10月17日号

台風19号 市内でも猛威

台風19号 市内でも猛威 社会

緑区で死者 緊急放流も

10月17日号

はやぶさ2 最終任務完了

はやぶさ2 最終任務完了 社会

年末にかけ帰還準備へ

10月10日号

「脱プラ」小山から発信

「脱プラ」小山から発信 社会

野菜の裸売りで、まず一歩

10月10日号

市民反対受け撤回へ

「冒険の森」に駐車場拡張

市民反対受け撤回へ 社会

代替地目途も一因か

10月3日号

K-1アマ初Ⅴ&MVP

市内小6須田煌大君

K-1アマ初Ⅴ&MVP スポーツ

目標は「無敗の世界王者」

10月3日号

29年の歴史 30日に幕

伊勢丹相模原店

29年の歴史 30日に幕 経済

「閉店後」にも関心高まる

9月26日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宇宙の今を知ろう

宇宙の今を知ろう

11月 JAXA特別公開

11月2日~11月2日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク