さがみはら中央区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

相模女子大 清川村と包括協定 商品の共同開発も加速

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
締結式参加者による記念撮影。協定書を手にする風間学長(前列中央右)、岩澤村長(前列中央左)、プロジェクトに参加している学生ら
締結式参加者による記念撮影。協定書を手にする風間学長(前列中央右)、岩澤村長(前列中央左)、プロジェクトに参加している学生ら

 相模女子大学・同短期大学部(南区文京)が8月26日、清川村と連携と協力に関する包括協定を締結した。「新たな特産品の研究・開発」をはじめ、「教育・文化の振興」「観光振興」「村民サービス向上や地域活性化」など、多岐に渡る分野で連携を図る。

 地域活性化に取り組む清川村では、2018年度に村内に「ローカルイノベーション拠点施設」を整備し、地域の食材を活用した6次産業化を研究。豊かな発想を持つ若者との連携を模索していた。一方、学生の地域活動を推進している相模女子大学も、新たな活動の場を求めており、双方の思いが一致。同年に「清川村特産品開発プロジェクト」が発足した。

 すでに村の特産品を活用した食肉加工品やジェラート、レストランメニューなど、40人の学生が6つのグループに分かれて開発を進めている。これら官学の連携をより効率的に展開するため、このたび協定が結ばれた。

相互に実りあるものに

 協定締結式は同大学内の「夢をかなえるセンター」で行われ、風間誠史学長、清川村の岩澤吉美村長、プロジェクトに参加している学生らが出席。岩澤村長は「特産品開発では、既に多くの学生さんに協力していただいており、熱心な取り組みに感謝しています。包括協定を結べたことで、更なる清川の振興発展につながると期待しています」と話した。風間学長は「学生が地域の方と交流することで、大学では学べない様々な事を学ぶことができる。良い関係を結び、相互に交流を深められたら」と話した。

 今後は、11月に行われる同大学の学園祭で、学生が考案したメニューの試験販売を予定しているほか、ジェラートは年内、食肉加工品は2020年度以降の商品化を目指すとしている。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

飛沫防止シールドを開発

市内3社

飛沫防止シールドを開発 経済

飲食店の売上回復に期待

5月28日号

区制10年 魅力発信に全力

区制10年 魅力発信に全力 政治

藤田区長にインタビュー

5月28日号

コロナ対策、5月補正33億

相模原市

コロナ対策、5月補正33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

フェイスシールドを寄贈

市立小5年嘉手納さん

フェイスシールドを寄贈 教育

200個を手作り

5月21日号

上溝から広がれ地域の輪

新型コロナウイルス対策

上溝から広がれ地域の輪 社会

連合会が消毒液無償配布

5月14日号

定額給付金 市が受付開始

定額給付金 市が受付開始 経済

早くて5月下旬に振込

5月14日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.43

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    5月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク