さがみはら中央区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

台風15号 市内にも爪痕 倒木、停電 多くの避難者

社会

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
民家からの倒木によって倒れた照明灯=9日午前3時頃、中央区内(相模原市提供)
民家からの倒木によって倒れた照明灯=9日午前3時頃、中央区内(相模原市提供)

 記録的な暴風を観測し、関東に多大な被害を及ぼした台風15号は相模原市内にも爪痕を残した。市は、市民に対し暴風対策のほか、配布されているハザードマップを改めて確認し、今後に備えるよう呼びかけている。

 市に入った被害状況(12日午後4時現在)によると、避難中に転倒した軽傷者が1人確認され、屋根の破損や外壁の損壊などの住宅被害が中央区で1棟、南区で2棟確認された。加えて、倒木により県道517号線が通行止めになったほか、9日未明の暴風で緑区の約2500世帯、南区の約1000世帯で3時間ほど停電した。報告されていない軽微な被害もまだあると見られる。

 台風接近を受け、市は6日に対応策を検討。8日午後1時に方針を決定し、職員を各所に配備し情報収集に向け体制を敷いた。5時30分にエリアメールなどで「警戒レベル3避難準備・高齢者等避難開始」を発令。市内54カ所の指定避難所を開設した。

 避難所には多いときで126人が避難。中でも串川小、田名公民館、大野中公民館への避難者が特に多かった。首都圏への直撃が予想されたためか、全体的に避難者の数が多く見られた。

 市民からは避難の是非についての問い合わせも相次いだ。通常は土砂災害警戒区域などに該当する世帯が避難対象となるが、対象外でも暴風被害を懸念して指示を求めるケースが多かったという。

 市緊急対策課の有馬真一課長は暴風時は窓を閉め、就寝時も窓から離れるよう注意を促した上で、「ハザードマップを見て自宅が警戒区域に含まれているかどうか確認してほしい」と話している。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

史上初の10代名人に

囲碁棋士芝野虎丸さん

史上初の10代名人に 文化

南区出身 入段5年で快挙

10月17日号

台風19号 市内でも猛威

台風19号 市内でも猛威 社会

緑区で死者 緊急放流も

10月17日号

はやぶさ2 最終任務完了

はやぶさ2 最終任務完了 社会

年末にかけ帰還準備へ

10月10日号

「脱プラ」小山から発信

「脱プラ」小山から発信 社会

野菜の裸売りで、まず一歩

10月10日号

市民反対受け撤回へ

「冒険の森」に駐車場拡張

市民反対受け撤回へ 社会

代替地目途も一因か

10月3日号

K-1アマ初Ⅴ&MVP

市内小6須田煌大君

K-1アマ初Ⅴ&MVP スポーツ

目標は「無敗の世界王者」

10月3日号

29年の歴史 30日に幕

伊勢丹相模原店

29年の歴史 30日に幕 経済

「閉店後」にも関心高まる

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宇宙の今を知ろう

宇宙の今を知ろう

11月 JAXA特別公開

11月2日~11月2日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク