さがみはら中央区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

はやぶさ2 最終任務完了 年末にかけ帰還準備へ

社会

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
分離運用後撮影されたローバ2(JAXA、千葉工大、東京大、高知大、立教大、名古屋大、明治大、会津大、産総研)
分離運用後撮影されたローバ2(JAXA、千葉工大、東京大、高知大、立教大、名古屋大、明治大、会津大、産総研)

 小惑星リュウグウで生物起源に迫るミッションに挑んでいる探査機「はやぶさ2」は3日、搭載していた最後の小型機となる「MINERVA―II2(ローバ2)」を切り離す作業(分離運用)に成功した。JAXA(宇宙航空研究開発機構)がツイッター上で伝えた。これで、はやぶさ2は最後の任務を果たしたことになる。今後は帰還準備に入り、11月から12月にかけてリュウグウを出発する見通しだ。

 分離運用は9月28日から10月3日にかけて行われたもので、はやぶさ2に搭載された小型機4機のうちの最後の1機を切り離し、リュウグウに到着させる作業となっていた。

予定変更も奏功

 はやぶさ2とローバ2の切り離しが確認されたのは3日未明だった。現在、はやぶさ2は正常に制御されている。

 当初の計画ではローバ2がリュウグウの表面を移動しながら様々な探査を実施するはずだったが、データ処理の不具合が発生したことにより、予定を変更。リュウグウ表面から高度約1Kmの付近でローバ2を切り離し、複数回にわたって周回させながら着地させる運用に切り替えた。

 切り離しが成功した後、はやぶさ2は高度8Kmから10Kmへ上昇した。今後はホバリング(空中浮遊)を行いながら、周回するローバ2の様子をカメラで光学撮像し可能な限り追跡していく。JAXAでは、この運用が成功すればリュウグウの重力場(地球の引力が及ぶ空間やその空間の状態)をより詳しく、高い精度で情報を集積できるとしている。運用は8日まで続けられる見込みだ。

 はやぶさ2は11月から12月中に出発し、来年末の帰還を予定している。

分離運用を確認し喜ぶ職員=3日、JAXA提供
分離運用を確認し喜ぶ職員=3日、JAXA提供

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

延期報道 地元は静観

リニア中央新幹線

延期報道 地元は静観 経済

動向を注視 「予定通り」強調

7月9日号

広がる「食の学生支援」の輪

相模原市

広がる「食の学生支援」の輪 社会

民間の協力受け事業継続

7月9日号

開発のコンセプト策定

相模原駅北口まちづくり

開発のコンセプト策定 社会

にぎわい、魅力創出に重点

7月2日号

動画チャンネルを開設

動画チャンネルを開設 社会

催し・発表の機会創出へ

7月2日号

ひとり親支援などに18億

6月補正一般会計

ひとり親支援などに18億 経済

キャッシュバックも可決

6月25日号

SC相模原、27日初戦

サッカーJ3

SC相模原、27日初戦 スポーツ

コロナ禍経て、開幕へ

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク