さがみはら中央区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

新サービス始動 消費者の発想 企業経営に オンラインで知恵を提供

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
マッチングサービス「ISHIN」のトップ画面
マッチングサービス「ISHIN」のトップ画面

 経営課題を抱える企業らと消費者をオンラインでつなぐマッチングサービス「ISHIN」がこのほど立ち上げられた。企業の提案に対して消費者が「アイデア」を投稿するとポイント加算や換金につながるもので、こうしたサービスは市内でも珍しい。サービスの発起人で、区内飲食店で代表を務める加藤雄己さん(30)は「アイデアで未来を創りたい。中小企業の発展と地域活性化につながれば」と期待を寄せている。

 同サービスを立ち上げたのは、区内の和食料理店「肉割烹 英」で代表を務める加藤さん。構想のきっかけは、中小企業が抱える経営課題。加藤さんは、大手企業と比べ人手の少ない中小企業は、自分たちで考えて新たな行動を起こすことや斬新なアイデアを創出することが難しく、経営上の課題であると感じていた。

 こうした中、アイデアを持つ消費者と中小企業をつなげることで新たな価値を生み出し、中小企業の発展や地域活性化につなげるべく、構想から5年ほどを経て今年3月に同サービスを立ち上げ。ビジネスパートナーである外山児雄さん(25)もサポートし5月1日に本リリースさせた。サービス名の「ISHIN」には「令和から新しい維新を起こそう」という意味が込められている。

ポイントで可視化

 同サービスはまず、企業が経営課題の解決につながるようなサービスの提案を募集。これに対し、消費者が解決のためのアイデアの提供を行う。アイデアを投稿するごとにコインやポイントがたまり、コインは一定数たまると電子決済サービスで換金できる。またアイデアが実際に企業に採用されるとポイントが通常より多くたまる仕組みで、加藤さんは「その人の頭の中の考えや知恵などを可視化することができる」と話す。現在同サービスでは、「タクシーに『あったらいいな』と思うサービスは」「日常的に使うクリーニング。あなたが求める新しいサービスとは?」といった提案が挙げられている。

 同サービスの詳細は【URL】 https://ishin.tech/ishin-b/を参照。サービス登録やアイデアの投稿は無料。現在、中小企業や消費者の利用を募っている。加藤さんは「様々な人たちの『志』にアイデアを集めるサービス。中小企業が海外展開などを行う契機にもなれば。まずは生まれ育った相模原のために地域に還元していきたい」と話している。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

罰則強化で事故減へ

携帯電話等「ながら」運転

罰則強化で事故減へ 社会

1日から道交法改正

12月5日号

神奈川県、学校法人と連携

ラグビー三菱重工

神奈川県、学校法人と連携 スポーツ

新事業ですそ野拡大へ

12月5日号

糖尿病・歯周病治療で連携

医科・歯科有志団体

糖尿病・歯周病治療で連携 社会

診療の効率・充実化図る

11月28日号

橋本で起工式

リニア新駅

橋本で起工式 社会

4つの中間駅で初 

11月28日号

災害復興に応急対応

相模原市12月補正予算

災害復興に応急対応 政治

一般会計、54億円計上

11月21日号

紅綬褒章を受章

二本松在住吉川大地さん

紅綬褒章を受章 文化

人命を救助 県内唯一

11月21日号

握りずし 届け続けて50年

握りずし 届け続けて50年 社会

鮨商組合に県から感謝状

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク