さがみはら中央区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

発達障害支援センター 視線計測装置を本格導入 県内初 適切な療育に有効

社会

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
保護者の膝の上に座らせた状態で映像を流し、測定する視線計測装置
保護者の膝の上に座らせた状態で映像を流し、測定する視線計測装置

 相模原市発達障害支援センターではこのほど、発達障害児の視線の動きを可視化し、一人ひとりの特性を測定することができる「視線計測装置」を県内で初めて導入した。視線を追うことによって社会性の発達の程度や興味関心などの目安を知ることができ、適切な療育を行うのに有効とされる。同センターの担当者は「子どもを客観的に理解し、その子にあった生活環境づくりのきっかけになれば」と話している。

 導入した装置は大阪大学大学院らが監修して開発した「かおTV」。発達障害児を保護者の膝の上に座らせた状態で測定できるもので、人や図形、モノなどが同時に現れる映像を流し、その間、発達障害児が視線を送る先を内蔵カメラで追うことで、興味関心の目安を測定する。

  発達障害は2005年に発達障害者支援法が施行されたことなどを機に、近年認知が進んできており、市でも、民間が運営を担う児童発達支援センターを各区に整備するなど発達障害児の支援体制に力を入れてきた。ただ、支援にあたり、保護者の経験や主観だけでは発達障害児の興味や感情を推測しにくく、そうしたことが要因で悩みを募らせ、孤立してしまう保護者が多いといった課題も抱えていた。

 そこで、保護者支援の一環として子どもの興味を客観的に測定し、一人ひとりに合った療育につなげるため、同装置を試験的に導入。まず昨年1年間、乳幼児期の発達障害児約40人に試験利用を実施。保護者から「子どもが見ている世界が分かってよかった」といった声が上がったことなどを踏まえ、発達障害支援センターでも、子どもの特性への理解が深まることや、子育てする上での安心感につながるといった保護者支援として同装置が有効だと判断し、本格導入を決めた。

 その後、市は児童発達支援センターを利用する保護者を対象とした子育て講座の中で同装置の利用法などを説明。興味を示した保護者が多かったため、11月中旬から未就学児を対象に順次利用することとなった。担当者は「測定でまず子どもを客観的に知ることが大切。担任の先生とも結果を共有し、一人ひとりに合った生活環境を整えられたら」と話している。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

19年ぶり年間王者に

緑区在住小山知良さん

19年ぶり年間王者に スポーツ

オートバイ 全日本選手権 

12月12日号

新スタジアム実現へ結束

ホームタウン4チーム

新スタジアム実現へ結束 スポーツ

初の合同署名活動

12月12日号

罰則強化で事故減へ

携帯電話等「ながら」運転

罰則強化で事故減へ 社会

1日から道交法改正

12月5日号

神奈川県、学校法人と連携

ラグビー三菱重工

神奈川県、学校法人と連携 スポーツ

新事業ですそ野拡大へ

12月5日号

糖尿病・歯周病治療で連携

医科・歯科有志団体

糖尿病・歯周病治療で連携 社会

診療の効率・充実化図る

11月28日号

橋本で起工式

リニア新駅

橋本で起工式 社会

4つの中間駅で初 

11月28日号

紅綬褒章を受章

二本松在住吉川大地さん

紅綬褒章を受章 文化

人命を救助 県内唯一

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク