さがみはら中央区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

市長インタビュー 対話を大切にした市政を 災害、教育問題に注力

政治

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
にこやかに取材に応える本村賢太郎市長
にこやかに取材に応える本村賢太郎市長

 2020年の年頭を飾る企画として、本紙では本村賢太郎市長に、新春インタビューを行った。本村市長は相模原市の未来に対する構想や考え方などについて率直に語った。

(聞き手/本紙さがみはら中央区編集長・船山福憲)

 ―早速ですが、昨年(2019年)を振り返っての感想をお聞かせ下さい。

 昨年4月22日に市長として初登庁させて頂いて以来、市民の皆様との「対話」を大切に、市政運営を進めてきました。まず、市長室の扉を開放し、顔の見える市長として多くの市民の皆様とお会いし、7月からは「まちかど市長室」を実施し、市民の皆様と対話いたしました。また、障害者支援施設「津久井やまゆり園」の事件が起こって3年が経ちましたが、改めて「共生社会の実現」の必要性を感じています。子どもの教育に関しては、私自身シングルマザーの家庭で育った経験がありますので、家庭環境にとらわれないで、勉強や部活動ができる環境づくりを応援していきたいと思っています。そのためには、親の収入によって進学の有無が左右されることのない、すべての子どもにチャンスが与えられるようなしっかりとした相模原教育の確立が大切です。

 昨年の出来事として忘れてはならないのは、10

月の台風第19号により記録的な豪雨に見舞われ、特に緑区内の中山間地域においては、8名もの尊い命が奪われるとともに、家屋の倒壊・浸水、道路の破損等、大きな被害を受け、市民生活に重大な影響が発生したことです。本市でこれだけの自然災害を受けたのは、私が知る限り初めての経験です。11月11日には「復旧・復興推進本部」を設置し、被災者の生活再建支援、社会インフラ等の復旧、地域経済の復興支援、災害対応の検証の4つの基本方針に基づき取組を進めています。被災した皆様に寄り添って、安全・安心な生活を取り戻せるよう、引き続き、精一杯取り組んでまいります。

五輪開催を復興の象徴に

 また、防災・減災の取組としては、防災無線が聞こえづらいといった声もあります。そういった地域の方々には室内防災ラジオなどをお持ちいただくなどの対応をして、今回の経験を活かしていくことも大切だと考えています。

「意識を醸成」

 ―市長が掲げるSDGsの啓発、シビックプライド条例と人権条例の制定についてお聞かせ下さい。

 SDGsに関しましては昨年3月に、相模原青年会議所と、12月に津久井青年会議所と協働推進宣言を行い、連携して普及啓発事業を実施しています。市長就任以降は、市民若葉まつりなど各種イベントで、SDGsバッジを配布するなど、普及啓発に努め、市職員もワークショップ形式での研修などを行ってきました。私自身もラジオ番組に出演したり、シンポジウムやフェスタに出席して普及に取り組んでいます。しかし、その達成に向けては、市民や企業等と一丸となった全市的な取組を行う必要があり、そのためには市民一人ひとりに理解を深めていただくことが重要です。例えば、お店で牛乳を買う時に、賞味期限まで1週間と2週間の牛乳が並んでいれば、ほとんどの人は2週間の牛乳を購入すると思いますが、SDGsの精神からすると、食品ロスをなくすために、1週間の牛乳を進んで購入する意識が必要です。また、相模川に鮎釣りにいったとしても、3人家族であれば、3人が食べる分だけ釣るというように、持続可能な社会の実現のためには、取りつくさない、食べつくさないといった意識が大切になります。こういった意識を醸成するため、今年はSDGs専用ホームページを立ち上げるとともに、広報紙やSNSを活用した情報発信等により、これまで以上に周知啓発を図っていきたいと思います。

 シビックプライド(市民の本市に対する誇り、愛着等)の醸成に関しましては、定住人口の確保や地域の活性化につながり、非常に重要なことと考えています。昨年に実施した「市政に関する世論調査」では、市に愛着を感じていると回答した市民は約7割となっています。これまで、私が市民との対話を通じて、本市には他市にない多彩な魅力や多くの資源があるにもかかわらず、市民に十分に伝わっていないという印象があります。例えば、南区の方が温泉に行きたいと思っても、箱根や湯河原を思い浮かべ、緑区に藤野やまなみ温泉や青根緑の休暇村いやしの湯など素晴らしい温泉があることを知らないケースがあります。逆に緑区の方は、南区で日本一の相模の大凧まつりが毎年行われていることを聞いたことがあるけれど、見たことがないといったことがあります。こうした状況を踏まえ、条例制定についても取組を進めています。条例の制定にあたっては、外部有識者等で構成する検討委員会を設置し、今後、現状分析や課題整理などを行い、条例の内容を審議いただきます。そのほか、シンポジウムの開催などにより広く市民意見をいただきながら取り組んでいきます。さらに子育て世代の方に選んでもらえるまちづくりが重要となります。財政的な支援も必要ですが、子どもたちの学びの環境を整えることに注力し、家庭環境や所得によって教育の平等な機会が奪われることのないような取組みが必要です。「子ども若者未来基金」を活用して実施している高等学校等の生徒への奨学金は、300人位の生徒に年額10万円ずつ給付しています。教育は防災と共に非常に重要な政策と考えます。

 川崎市でも取り組んでいる「人権条例」の制定ですが、性別、年齢、障害の有無、民族や国籍等の違いにかかわらず、一人ひとりが、かけがえのない個人として尊重され、お互いの人権を認め合う共生社会の実現が重要です。特に相模原市では津久井やまゆり園事件があったこともあり、共生社会実現のために、事件を風化させない取組が必要です。そのため、昨年1月に改訂した「相模原市人権施策推進指針」に基づき、あらゆる施策に人権尊重の理念を反映させるとともに、人権に関する教育や啓発などに取り組んでいます。条例の制定に向けては、昨年11月に市の附属機関である人権施策審議会へ条例の制定について諮問し、審議をお願いしていますので、令和3年度をめどに方向を決めていきたいと思っています。

大会後のレガシーも検討

 ―オリンピックに向けた取組についてお聞かせ下さい。

 待ちに待った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会がいよいよ今年開催されます。7月25日に男子、26日に女子の自転車ロードレース競技が行われ、男女共に市内を約30Km走ることになっています。コースとなっている国道413号は、昨年の台風第19号によって甚大な被害を受け、一時は開催を危ぶむ声も聞かれましたが、国をはじめ多くの皆様の協力をいただきながら復旧工事を進め、レース開催への見通しが立ちました。オリンピックの開催が、被災された地域の皆様の復旧・復興のシンボルになると考えています。レースの一つの売りは、チケット無しでも観戦できる競技であることです。大会に向けては、昨年7月21日に自転車ロードレース競技のテストイベントがオリンピック本番とほぼ同じコースで行われたほか、11月にも、相模総合補給廠の共同使用区域で行われた、サイクルフェスティバルで、プロ選手によるエキシビションレースを開催するなど機運醸成に向けた取組を進めてきました。

 さらに、オリンピック開幕前の6月30日には、聖火リレーが本市においても実施されます。パラリンピックに関しても、何か市でイベントが開けないか検討しています。本市はブラジルとカナダ代表の事前キャンプ地となっており、相模原ギオンスタジアムやさがみはらグリーンプール、相模湖漕艇場などの市内施設で、オリンピックに出場する選手たちが、金メダル獲得を目指しトレーニングを行う予定になっています。また、パラリンピックの事前キャンプの招致も引き続き行うなど、オリンピック同様、機運を高めていきたいと思っています。オリンピック・パラリンピック終了後にも、選手村のヴィレッジプラザに提供した津久井産材の返却後の活用など、大会後のレガシーについてもしっかりと検討を進めていきたいと思っています。
 

市政について熱く語る本村市長
市政について熱く語る本村市長

県社会保険労務士会相模原支部

人事労務管理及び社会保険制度等について申請や相談指導等、幅広く活動しています

相模原商工会議所青年部

商工会議所活動の一翼を担い、事業と地域の経済的発展のために『行動』します

https://www.s-yeg.gr.jp/

山住会長テーマ「伝統と貢献」

市内最古の相模原ライオンズクラブ。盲導犬育成と献血が主な奉仕活動です。

公益社団法人 相模原法人会

めざします~企業の繁栄と社会への貢献~

http://www.sagamiharahojinkai.or.jp/

社会貢献を目的とする青年団体

明るい豊かな社会実現のため、責任感と情熱を持つ青年経済人が活動しています

http://sagamihara-jc.com/

神奈川県行政書士会相模原支部

「頼れる街の法律家」各区役所にて毎月無料相談を実施。お気軽にご利用ください。

http://www.gs-sagami.jp/

相模原市高齢者福祉施設協議会

高齢者福祉サービスの健全な発展と、 相模原市民の福祉増進に寄与するために

http://www.sagamihara-koureikyo.org/

相模原塗装協同組合

技術・知識・信頼 共に競い合い、助け合い、更なる高みへ!

https://www.spc2008.jp/

総合解体 見積り無料

キレイな仕事を心掛け、ご近所にご迷惑をおかけしません

https://www.ohkawa-shoji.com/

国際ソロプチミスト相模

女性と女児の生活と地位を向上させるために活動している国際的な奉仕団体です。

http://sia-higashi.com/

相模原協同病院

地域に根差した地域中核病院として、市民のみなさまの健康を守ります。

http://www.sagamiharahp.com/

相模原市印刷広告協同組合

印刷のご相談・ご用命は会員25社へ

http://www.soin.or.jp/

NPO法人サーラ

男女共同参画社会をめざしソレイユさがみを拠点に意識啓発事業などを行っています

http://www.sagamaru.org/dantai/dantai/s00113.htm

旭フォークリフト株式会社

フォークリフト中古車,レンタル,点検,修理の事なら旭フォークリフトへ

http://www.asahifork.com/

公助・公益に向けた運動推進

労働者福祉運動と福祉事業の連携、公助・公益につなげる運動を展開

http://www.jtuc-sagamihara.jp/sagamihara/

「安心社会」働く力で

「働くことを軸とする安心社会の実現」に向け政策提言などで活動

https://rengo.or.jp/

神奈川土建相模原支部

住まいの相談は地元の職人へ 素早く対応 無料で見積り

http://www.kanagawadoken-sagamihara.jp/

神奈川県司法書士会 相模原支部

不動産、相続、成年後見などお気軽にご相談ください。

http://shiho.or.jp/index.html

Xリーグ1部所属チーム

相模原ホームタウンチームとして活動

http://www.sagamihara-rise.com/

安心できる現場力

マンション・施設・店舗など清掃設備管理で快適な住環境を守ります。

http://apo-comi.jp/

和泉短期大学

゙保育と福祉゙で広がる、あなたの未来

http://www.izumi-c.ac.jp/

公益社団法人相模原市病院協会

市内37病院が加盟。地域医療事業を展開し、健康と福祉増進に貢献して参ります

http://s-ha.or.jp/

株式会社サーティーフォー

建築・建設事業ほか、ヘルステック、人材マッチング、飲食、ホテル事業等を展開

https://www.thirty-four.co.jp/

社会福祉法人相模福祉村

高齢者施設、障害者施設、児童施設など市内で70強の拠点を展開

http://fukushimura.or.jp/

「やればできる」を応援する会社

電気設備工事を通じてすべての人を幸せにし、世界の発展に貢献して参ります

http://ichikawadensetsu.com/

ギャラリー誠文堂

相模原市で貸しギャラリーをお探しなら

http://www.seibun-dou.jp/

銀河をかけるまち ふちのべ

地元に密着した商店会ならではのイベントも多く開催している活発な商店会活動実施

https://2525hoshi.jimdo.com/

さがみはら市民会議

みんなのおもいをつなげよう

http://sagamihara-shiminkaigi.com/

セェリバレエシアター

豊かな情操や感性を養い舞台経験を踏むことで、バレエを楽しむ心を育てています

http://www.cerri-theater.com/

相模原中ロータリークラブ

奉仕活動を実践する世界的規模の団体

https://sagamiharanaka-rc.jp/

地域の不動産業として

消費者の利益を保護し、以て公共の福祉の増進に寄与する活動を推進

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/a-27.html

「地域の施設」をめざす

同施設では地域、利用者家族との関係の構築に力を入れ、安心の生活を支援

http://www.sankokai.com/publics/index/15/

本格ライブ満載 メイプルホール

ライブやパーティー、レッスン等、様々なシーンで利用できる多目的ホール

https://www.maple1990.com

暮らしのパートナー 相模ガス

LPガスを中心に、生活に欠かせないエネルギーを支える会社です。

http://www.sagamigas.com/

メンバーズ21

相模原の経済を盛り上げる異業種交流会

認定NPO法人 ふれあい自然塾

青少年やその家族に対し、自然とのふれあいを通じて様々な教育を行っています。

http://www.fureai-shizen.or.jp/

相模原安全運転管理者会

会員になって社会貢献を!会員随時受付中!

http://www.ankan-sagami.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

田名に大型物流施設

田名に大型物流施設 経済

来年8月完成 公共利用も

2月20日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

「アンコン」で市内初の金

共和中合唱部

「アンコン」で市内初の金 教育

関東への切符つかむ

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

区内から2社認定

神奈川なでしこブランド

区内から2社認定 社会

細かな需要への対応評価

2月6日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新 スポーツ

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク