さがみはら中央区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

相模原拠点NPO 外務大臣表彰を受賞 インドシナ難民支援で

社会

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
(上)賞状を持つ永瀬さん(下)再建を予定している学校の現在の様子。床は土で、壁には隙間が多数ある=提供写真
(上)賞状を持つ永瀬さん(下)再建を予定している学校の現在の様子。床は土で、壁には隙間が多数ある=提供写真

 相模原を活動拠点とするNPO法人「インドシナ難民の明日を考える会」(永瀬一哉代表・64)が昨年12月、外務大臣表彰を受賞した。難民の生活支援や難民の本国への支援など30年以上にわたる活動が評価された。

30年以上

 外務大臣表彰は諸外国との友好親善関係の増進に対し、顕著な功績があった個人、団体を表彰するもの。今回、65団体が受賞した。

 同NPOの会員は20人強。1990年に設立し30年以上、国内のインドシナ難民の支援や、カンボジア本国への学校や井戸の寄付、医療支援などを行っている。

 インドシナは、カンボジア、ベトナム、ラオスを総称したもの。これらの国が1975年に社会主義に移行したことで、迫害を恐れた人たちが国外に脱出したことによって難民が発生した。日本では79年から大和市など3カ所に日本語教育や職業紹介などをする定住促進の施設が設けられ、難民を受け入れた。

 公営住宅があり、就労先としての工場があるなどの要件を満たしているため、同市に隣接する相模原市内に暮らす移民も多い。永瀬さんが相模原弥栄高校で教諭を務めていることが、彼らと出会ったきっかけだった。

「ここまでこられた」

 今回の受賞について永瀬さんは「草の根の活動だが、ここまでやってこられたんだな」と感慨深そうに話した。「当初は難民の人が日本でもやっていけるように支援していた。それから30年が経ち、今では難民の人たちが本国の応援をしている」と活動の発展について説明した。永瀬さんは、2019年には日本人として初となるカンボジア情報省のアドバイザー(顧問)に任命されている。

 新型コロナウイルスの影響で永瀬さん自身の目で確認できていないが、会では昨年、資金を募って同国に5施設目となる小学校の再建を果たした。永瀬さんは「相模原でも多くの人に知ってもらい、ご支援いただければ幸いです」と話した。

低価格の安心リフォーム!

品質と価格で選ばれているアイテリアナカムラにお任せください!

https://aiteria-n.co.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

SC相模原 いざJ2開幕

SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

28日、初戦は京都サンガ

2月25日号

はやぶさ2カプセル公開

はやぶさ2カプセル公開 社会

3月12〜16日 市立博物館

2月25日号

6年ぶり減の2,989億円

当初予算案一般会計

6年ぶり減の2,989億円 政治

緊縮編成 コロナ対策継続

2月18日号

区内2店が大賞に

コロナに負けないお店大賞

区内2店が大賞に 経済

投票数は4万件超え

2月18日号

特製マンホール蓋を設置

「はやぶさ2」関連事業

特製マンホール蓋を設置 社会

カプセル帰還成功を記念 

2月11日号

野菜不足 スイーツで解決

野菜不足 スイーツで解決 教育

産官学連携でレシピコン

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク