さがみはら中央区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

相模原市6月補正予算 ワクチン接種 加速に重点 総額21億9300万円

経済

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種事業や予防対策事業、生活困窮者への支援などに要する経費として、総額21億9300万円の2021年度6月補正予算案を市議会に提出し、6月25日まで開かれた6月定例会議で可決された。

高齢者接種7月末完了へ

 今回の補正の核は新型コロナワクチン接種事業で、約8億9518万円を計上。希望する高齢者へのワクチン接種を7月末までに完了させるため、集団接種会場の増設や看護師の確保、接種日を増やすなどの費用にあてる。

 個別接種を行う医療機関に対しては時間外、休診日の接種を実施してもらうための協力金が含まれている。

生活困窮者への持続支援

 低所得の子育て世帯(ひとり親世帯を除く)への臨時特別給付金事業には約6億1843万円を組み込んだ。今年4月に実施された低所得のひとり親子育て世帯に支給された特別給付金事業と同様の事業で、2人親の低所得世帯に給付する。住民税非課税の世帯などが育てる児童1人に対して、一律5万円が支給される。7月から申請の受付(一部申請不要の対象者も)を開始し、8月上旬には支給を始めるとしている。

 生活困窮者自立支援事業には2億3400万円が盛り込まれた。新型コロナウイルス感染症の長期化に伴い、収入の減少や失業による生活困窮者が無利子で一定額を借りられる総合支援金の再貸付が終了するなど、さらなる貸付を利用できない世帯に対し「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給し、持続した支援を行う。

 7月以降に申請受付を開始し(申請期限は8月末まで)、単身世帯6万円、2人世帯8万円などが支給され、低所得子育て世帯生活支援特別給付金などとの併給も可能となる予定だ。

 そのほか、相模原高校前交差点の道路拡幅や自転車通行位置の路面標示等の改良事業に約1億7023万円が計上されている。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

障害者の学びの場を拡充

相模原市×相模女子大

障害者の学びの場を拡充 文化

連携し プログラム開発へ

9月16日号

「皆で勝ち取った金メダル」

パラ・伴走者青山由佳さん

「皆で勝ち取った金メダル」 スポーツ

リオの経験糧に献身貫く

9月16日号

メダル・入賞で大活躍

東京パラ・市関係の出場者

メダル・入賞で大活躍 スポーツ

「金」含めリオ大会上回る

9月9日号

まちづくりプランを募集

上溝地区

まちづくりプランを募集 社会

将来像などの意見を実現

9月9日号

文化振興に努め30年

相模原芸術家協会

文化振興に努め30年 文化

記念展、コロナで中止に

9月2日号

予約対象 12歳以上へ拡大

市内ワクチン接種状況

予約対象 12歳以上へ拡大 社会

若者世代の加速化図る

9月2日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook