さがみはら中央区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

風水害に備え「行動計画」を 市、HPなどで作成を啓発

社会

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
市のHPに掲載されているマイ・タイムライン記入用のシート
市のHPに掲載されているマイ・タイムライン記入用のシート

 本格的な台風シーズンを迎える中、洪水などの風水害の発生に備えて市は、防災行動計画(マイ・タイムライン)の作成をはじめとした災害への対策を市民に呼びかけている。 

 マイ・タイムラインとは、住民一人一人が自宅周辺の環境や自身の家族構成を踏まえた上で、台風などによる河川水位の上昇などの緊急時にどのように行動するのかを時系列で整理し、まとめた行動計画表。市内各地域でも積極的に普及活動が行われており、自治会に向けた講習会や小学校での作成体験授業などに市職員が赴き、指導にあたっている。

 台風や豪雨被害の際に避難する上での判断基準として活用できるほか、「逃げ遅れ」はもとより「避難場所での過密」を防ぐ効果も期待されている。

 タイムラインを作成するには、洪水ハザードマップや避難場所の位置を確認する必要がある。そのためにも、市危機管理課の担当者は「各自ハザードマップの確認は大切」と話す。加えてコロナ禍では分散避難も重要となるため、マイ・タイムラインはむやみな避難行動の抑制にもなる。

 マイ・タイムラインの作成用紙は市のホームページからダウンロード可能。10月4日(月)から20日(水)にかけて各家庭に配布される「さがみはら防災ガイドマップ」にも掲載されている。

「共助の意識を持って」

 市内の各自治会でも独自で防災隊を結成するなど、災害に対する意識の向上がみられる。中央2丁目自治会の鈴木泰信会長(67)は、防災地図の作成や、ライフラインが断たれることを前提とした独自の訓練を実施するなど、災害に対する意識を高める活動を行っている。愛知県出身の鈴木会長は幼少期に5千人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風(1959年)」を経験した。水害の恐ろしさを身を持って体験している鈴木会長が伝えたいことは「助け合い」の大切さだ。「隣近所と防災について改めて考えてほしい。各自治体で訓練なども行っているので、ぜひ参加していただきたい」と訴えた。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

田名に住民交流の新拠点

田名に住民交流の新拠点 文化

ボラセン併設で支援厚く

10月21日号

投票所でコロナ対策徹底

衆院選

投票所でコロナ対策徹底 社会

市選管「できるだけ分散を」

10月21日号

巨人から4位指名

プロ野球ドラフト会議 東海大相模石田隼都投手

巨人から4位指名 スポーツ

10月21日号

相模原の観光 「経営視点で」

相模原の観光 「経営視点で」 経済

協会、5か年計画策定へ

10月14日号

自民立民、一騎打ちの様相

自民立民、一騎打ちの様相 政治

衆院選 神奈川14区

10月14日号

大型物流施設 田名に誕生

大型物流施設 田名に誕生 文化

地域共生へ、一般開放も

10月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook