さがみはら中央区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

杜のホールはしもと 地域文化を支え20年 「橋本とともに発展を」

文化

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena
音響の良さが評判のホール
音響の良さが評判のホール

 橋本駅北口のコンサートホール「杜のホールはしもと」が9月30日、開館20周年を迎える。同ホールを運営する公益財団法人相模原市民文化財団はコロナ禍で難しい舵取りを強いられる中、「さまざまな企画や催物を提案し、発展していく橋本の街の中で、文化を創造する拠点としての役割を果たしていきたい」と話す。

 同ホールは橋本駅北口開発の一環として、2001年9月に開館。これまで、橋本駅に隣接した商業ビルの7・8階にある利便性から、市民が文化活動を行う場、優れた舞台芸術を鑑賞する場として数多くの催物が行われ、首都圏南西部における芸能文化の広域交流拠点として愛されてきた。

 施設のメインとなる535席のホールは音響の良さと舞台の広さに定評がある。そこで、同ホールを代表するクラシック「シリーズ杜の響き」や「さがみはら若手落語家選手権」など、アーティストを招いた数多くの自主公演を実施する。さらに、多目的室や音楽スタジオなどの用途を持つ6部屋は、サークルの発表会や展示会などの市民文化の発表・練習の場として利用されている。

 コロナ禍で「戸惑いながらも、”文化を止めるな”を合言葉に円滑な施設運営に努めてきた」と振り返る同ホール。この1年半多くの住民から応援、励ましの言葉が絶えずと届き、勇気づけられたという。その感謝の意味も込め、20周年を迎えるにあたり、新型コロナの感染拡大に配慮しての開催になるが、さまざまな記念事業を企画する。2001年のオープニングフェスティバルに出演した小山実稚恵氏や小曽根真氏のリサイタル、さらに観客が俳優とともに劇中に参加する子ども参加型演劇公演など、幅広い年齢層・ジャンルを公演していく予定だ。

 大沢一則館長は「2027年にはリニア中央新幹線の開通を予定し、橋本駅周辺はますますの発展が見込まれる。そうしたことを踏まえ、今後も一層安心安全で愛される施設をめざしたい」と話した。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

サンプル 「故郷」で公開

はやぶさ2カプセル

サンプル 「故郷」で公開 社会

津田氏「宇宙詰まっている」 

12月9日号

子ども10万円 準備手探り

相模原市

子ども10万円 準備手探り 社会

年内支給開始「漏れなく」

12月9日号

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 社会

感染者減少も警戒継続

12月2日号

地元飲食店と弁当開発

富士見小児童

地元飲食店と弁当開発 社会

9日に市役所で販売会

12月2日号

大型物流施設 市民に開放

大型物流施設 市民に開放 文化

市長ら招き「街びらき」

11月25日号

男子が25年ぶり栄冠

東海大相模陸上競技部

男子が25年ぶり栄冠 スポーツ

県高校駅伝大会

11月18日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook