さがみはら中央区版 掲載号:2021年12月9日号 エリアトップへ

相模原市 子ども10万円 準備手探り 年内支給開始「漏れなく」

社会

掲載号:2021年12月9日号

  • LINE
  • hatena

 18歳以下の子どもを対象とした10万円相当の給付金について、相模原市では給付に向けた準備を進めている。政府が11月26日に閣議決定した補正予算案に盛り込まれたのを受けた形だが、詳細な通知は伝えられていないのが現状だ。給付の対象となる世帯の絞り込みや支給方法、給付金の広報など現段階では手探りの状態が続いている。(12月6日起稿)

 10万円給付について政府は年内に現金5万円、来年春に5万円分のクーポンでそれぞれ支給を検討している。

 市子育て給付課によると、市内在住の18歳以下の子どもは約10万8000人。そのうち、対象者は所得制限や来年3月31日までに出生するこどもを見込み、10万6000人ほどとなる見通し。所得制限は「児童手当」と同様の基準になるため、市は対象となる世帯の取りまとめを進めているところだ。

 支給方法については、児童手当を申請している世帯には現行の給付に従い、口座振り込みを実施する方針。対象外である16〜18歳の子どもがいる世帯には、兄弟に児童手当の申請者がいれば口座に振り込まれる予定だが、口座などの情報が不明なケースもあるため申請をしてもらうなどして、対象世帯の把握が求められている。同課は、「漏れなく正確に、速やかに届けられるように準備を進めていきたい」としている。

 加えて、給付金に関する広報については県教育委員会と連携した各学校での周知を検討。一方で、高校に進学していない子どもや事情により不登校になってしまっている子どもに対して、どのように情報を行き届かせるかが課題となっている。市ホームページでの配信や市広報のほか、友好的な周知方法を模索している段階だ。

 5万円相当のクーポンについては形式や用途などの詳細が不明で、「検討材料がない」状況にある。同課は「子どもによって必要なものは異なる。クーポンの用途にどのような制限が付くのかを注視していきたい」と話している。

 今後、国会での審議を経て給付金が支給されることになるが、市ではスムーズな支給に向けて全庁的に、体制を整備していきたい考えだ。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

国際美術展で最優秀校に

相模原弥栄高

国際美術展で最優秀校に 文化

支え合い 念願の賞つかむ

8月11日号

続く猛暑日 影響さまざま

続く猛暑日 影響さまざま 社会

収量減 アユは動き鈍く 

8月11日号

新高校名は「相模原城山」

新高校名は「相模原城山」 教育

来年4月統合の県立2校

8月4日号

あす 戦車闘争から50年

あす 戦車闘争から50年 社会

「記憶に」 節目迎え写真展 

8月4日号

過去最多を更新

消防局救急出場

過去最多を更新 社会

1日で173件

7月28日号

「おださがRC」が発足

「おださがRC」が発足 経済

正式認証は8月中頃

7月28日号

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.55

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 7月28日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook