さがみはら中央区版 掲載号:2022年5月19日号 エリアトップへ

150周年へ 実行委始動 上溝小 来年10月記念事業  

教育

掲載号:2022年5月19日号

  • LINE
  • hatena
校内の「歴史資料館」に展示されている、初代校長鈴木縫之助氏が明治時代に書いたと思われる書
校内の「歴史資料館」に展示されている、初代校長鈴木縫之助氏が明治時代に書いたと思われる書

 市内で最も古い小学校の一つである上溝小学校(上溝)が来年度創立150周年を迎えるにあたり、記念事業を実施するための実行委員会が設置された。5月10日、同校体育館で第1回の会合が開かれ関係者らおよそ70人が集まった。2023年10月の記念式典などに向け活動をスタートした。

明治元年始まり

 上溝小は1868(明治元)年に開かれた私塾を始まりとし、1873(明治6)年、上溝学校と改称されその歴史が始まった。

 このほど設置された150周年記念実行委員会は、学区市民および学校関係者で祝賀をすることを目的に、「在校児童ら子どもたちの将来を展望する」としている。歴代のPTA会長、地元関係者、PTAのOB・OG、現PTA、歴代校長、現役教職員、合計73人で構成される。2021年度から準備委員会が組織されていた。

 実行委員長には同校の近隣にある寶光寺の住職、宮崎哲朗さんが選出された。会合であいさつに立った宮崎さんは「自分が小学4年生のとき、創立100周年を迎えた。その20年後の120周年のとき、父親が周年記念事業の実行委員長を務めた」とこれまでの「縁」を説明したのち、「子どもたちが上小で良かったと思えるような事業にしたい」と意気込みを語った。

 実行委員会では今後、【1】記念式典、記念祝賀会、【2】記念誌、【3】記念行事の3つの取り組みをそれぞれ形にしていく。記念式典は23年10月に市民会館での開催を計画。記念誌は120周年記念誌以降の30年分を中心にまとめる予定で、記念行事では来年度在籍しない6年生のために今年度中に行うプレ講演や来年度の本講演を企画している。

 直近の活動としては150周年ホームページの開設、寄付金の募集、150周年便りの発行などが予定されている。

第1回実行委員会の様子=5月10日
第1回実行委員会の様子=5月10日

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

ごみが3700万円に

南清掃工場

ごみが3700万円に 経済

収入は施設補修費などへ

6月23日号

学ぶ場提供「自主夜間中学」

学ぶ場提供「自主夜間中学」 社会

鹿沼台で 元教員ら講師に

6月23日号

障害者が地元商店会応援

障害者が地元商店会応援 社会

矢部 ホームページ作成「働く場をもっと知って」

6月16日号

土地利用方針を策定

相模原駅北口地区

土地利用方針を策定 社会

キーワードは「つながり」

6月16日号

宇宙に親しむ9日間

はやぶさWEEK

宇宙に親しむ9日間 文化

市内各所でイベント開催

6月9日号

小田急延伸推進協が休止

上溝地区

小田急延伸推進協が休止 社会

新組織「にぎわい創出を」

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook