さがみはら中央区版 掲載号:2022年6月30日号 エリアトップへ

中学給食「在り方」諮問 全員喫食へ 検討委始動

教育

掲載号:2022年6月30日号

  • LINE
  • hatena
6月21日に開かれた第1回学校給食あり方検討委員会の試食会で提供されたデリバリー方式の給食
6月21日に開かれた第1回学校給食あり方検討委員会の試食会で提供されたデリバリー方式の給食

 中学校の給食の在り方について調査審議する「相模原市学校給食あり方検討委員会」の第1回会議が6月21日に開かれ、市教育委員会(教委)が同委員会に対し給食提供の実施方式と食育の方針を諮問した。

 現在、市が実施している中学校給食は、学校給食センターで調理され保温された状態で配送される「センター方式」と、民間事業者の施設で作られ1人分ずつ弁当箱で届けられる「デリバリー方式」(家庭から持参する弁当などと選択)の2種類。緑区の一部を除く大部分の学校が選択制デリバリー方式を採用しているが、衛生管理上、温度を保つことが難しいことなどから喫食率は年々低下傾向にあり、献立を工夫するなどして改善を図っているものの、2021年度は34・4%にとどまっている。

 全員喫食の実現をめざして協議を重ねてきた市は今年4月、市民や有識者で構成される同検討委を設置。本格検討に乗り出した。第1回の検討委会議では、教委が委員会に対し「市にとってふさわしい給食提供の実施方式」「全員喫食の環境を活用した食育の方針」を諮問するとともに、市内中学校給食の現状の説明やデリバリー方式で提供される給食の試食会などが行われた。検討委は来年7月までに最終的な答申を行う予定。

 実施方式にはこのほか給食室で調理し校内で提供する「自校方式」、自校方式で調理した給食を近隣校へ配送する「親子方式」がある。市は「全校センター方式」、または「センター方式と自校方式の併用」を柱に、状況に応じて補助的に「親子方式」の活用も検討する考え。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

国際美術展で最優秀校に

相模原弥栄高

国際美術展で最優秀校に 文化

支え合い 念願の賞つかむ

8月11日号

続く猛暑日 影響さまざま

続く猛暑日 影響さまざま 社会

収量減 アユは動き鈍く 

8月11日号

新高校名は「相模原城山」

新高校名は「相模原城山」 教育

来年4月統合の県立2校

8月4日号

あす 戦車闘争から50年

あす 戦車闘争から50年 社会

「記憶に」 節目迎え写真展 

8月4日号

過去最多を更新

消防局救急出場

過去最多を更新 社会

1日で173件

7月28日号

「おださがRC」が発足

「おださがRC」が発足 経済

正式認証は8月中頃

7月28日号

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.55

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 7月28日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook