伊勢原版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

市役所駐車場 実態調査3年ぶり 有料化 前進か

社会

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena
ドライバーにアンケート用紙を配布(9月12日撮影)
ドライバーにアンケート用紙を配布(9月12日撮影)

 市役所正面と青少年センター並びの駐車場で9月8日から14日、駐車場利用の実態調査アンケートが実施された。これは利用目的、時間、要望などを調べるもので、高山松太郎市長が進める有料化にむけた取り組みの一つとみられる。

 「有料化」は、昨年スタートした第5次総合計画の中期戦略事業プランに明記されている。これは、伊勢原協同病院の移転にともなう市役所駐車場の長時間利用や目的外利用、さらには駐車場の貸付収入による財政再建がおもな目的だ。

 当初、有料化は今年9月をめどにスタートするとみられ、市では今年2月、全員協議会を開いて市議会議員に有料化の方針を説明、理解を求めた。しかし、実態調査の不十分さが指摘されるなど議員からの抵抗は強く、計画は足踏み状態。

 今年3月の定例会一般質問で瀬戸洋四郎議員(新星)が「駐車場の利用料金は無料であるべき」と発言。また6月定例会では、小林京子議員(共産)が目的外利用の実態調査や有料化以外の対策検討が不十分であるとし、有料化の動きに反発した。

 今回実施されたアンケートでは出入庫時間、利用施設、駐車場に対する要望を調査。197台の駐車スペースに対して12日にはおよそ900枚を配布している。

 3年ぶりに実施された駐車場の実態調査。アンケート結果の活用について山口芳夫総務部担当部長は「一般質問を控えているので今の時点でお話しはできない」とコメント。

 9月29日から始まる今定例会の一般質問では、相馬欣行議員(新政)と小林京子議員が駐車場に関する質問を予定している。質問の中身と市の答弁に注目が集まる。

【9月16日起稿】

伊勢原版のトップニュース最新6

市民参加でアート制作

市制施行50周年事業

市民参加でアート制作 社会

写真で「浮世絵」再現

3月5日号

市民活動をwebで支援

アイサポ

市民活動をwebで支援 社会

市と協働イベントを企画

3月5日号

農業にドローン活用へ

大田地区土地改良区

農業にドローン活用へ 経済

県内初の本格導入めざす

2月26日号

ワクチン接種へ体制整備

市議会

ワクチン接種へ体制整備 政治

高山市長が施政方針

2月26日号

一般会計は328億円

伊勢原市予算案

一般会計は328億円 政治

9年ぶりに減少

2月19日号

ワクチン接種へ準備着々

伊勢原市

ワクチン接種へ準備着々 政治

集団と個別 2体制で調整

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク