伊勢原版 掲載号:2018年4月27日号 エリアトップへ

森の里鯉のぼり 青空泳いで30年 住民の力で地域風物詩に

文化

掲載号:2018年4月27日号

  • LINE
  • hatena
若宮公園の鯉のぼり
若宮公園の鯉のぼり

 厚木市森の里で5月3日(木・祝)に行われる、鯉のぼりまつりが今年で節目の30回目を迎える。まつりとともに、若宮公園(森の里)を横断するように揚げられる170m、約150匹の鯉のぼりは、地域住民の力で、多くの人が見物に来る風物詩となった。

 鯉のぼりまつりは、森の里地区自治会連絡協議会、森の里まつり世話人会、実行委員会が中心となって開催されている。地域住民や企業が協力して、昭和から平成に変わった1989年にスタート。「平成になり、家族で楽しめて、記念に残るようなイベントをやりたい」という地元の声で始まった。森の里ではすでに夏祭り、クリスマスイベントがあったので「家族が集まるゴールデンウィークに」と5月3日に開催され、今に至る。

 まつりに合わせて毎年揚げている公園の鯉のぼりは、住民から譲り受けたもの。実行委員長の新郷道人さんは「七沢の森林組合の助言で、鯉のぼりは、山から材木を下ろすのに使う太さ9mm、長さ270mのワイヤーで揚げている」と話す。また、「細田川(調整池)の上に鯉のぼりを揚げるから、県の許可が必要で、手続きは大変だったよ」と振り返る。

 鯉のぼりの手入れも地域住民が行う。「多い時は200匹は揚げていたけど、絡まるから今年は150匹くらい」と新郷さん。絡まった鯉のぼりは、毎朝8時半から住民が手作業で直している。

 まつりは5月3日の午前10時から。鼓笛隊などのステージのほか、ゲーム大会、凧づくり体験などを楽しめる。雨天の場合は森の里公民館にて。また、公園の鯉のぼりは5日(土)午後3時頃まで見物できる。大会会長の神保忠男さんは「子どもたちに喜んでもらいたい」と話す。問合せは同公民館【電話】046・250・5262へ。

伊勢原版のトップニュース最新6

「落語でまちおこしを」

「落語でまちおこしを」 文化

11月に素人大会開催へ

9月24日号

「地域で話題の高齢者」に

岡崎在住打田すみさん

「地域で話題の高齢者」に 社会

厚労省のHPで紹介

9月24日号

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ

全日本卓球選手権県予選会

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ スポーツ

13歳以下の部で

9月17日号

ベイスターズJrに選抜

伊勢原フレンズ青木徠海さん

ベイスターズJrに選抜 スポーツ

16人のメンバーに

9月17日号

LINEで情報発信

伊勢原市

LINEで情報発信 政治

公式アカウントを開設

9月10日号

大山道の道標マップ作成

伊勢原市

大山道の道標マップ作成 文化

商品売上の1%活用

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook