伊勢原版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

環境衛生組合 動画でごみ減量PR ユーチューブで公開

社会

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
クルリンが登場する動画の一場面
クルリンが登場する動画の一場面

 伊勢原市と秦野市のごみ処理などを行う、秦野市伊勢原市環境衛生組合(組合長・高橋昌和秦野市長)が、両市民にごみ処理の仕組みを伝えて減量化を啓発する目的で、このほど動画を作成した。8月から動画共有サイトYouTubeで順次公開している。

 今回制作された動画は3本。可燃ごみ処理施設「はだのクリーンセンター」(秦野市曽屋4624)の紹介と、両市民向けにごみの自己搬入方法を紹介するもの。同組合のホームページなどから視聴することができる。普段、小学生の社会科の授業などで同センターの見学が利用されていたが、新型コロナウイルス感染症の影響で見学の受け入れ人数を縮小。子どもたちが施設に来場せずに学べる機会を作ろうと同組合の職員が制作した。

 子どもたちが興味を持ちやすいよう、伊勢原市の公式イメージキャラクター「クルリン」と、秦野市のイメージキャラクターの1人、「丹沢のぼる君」が実際に施設を訪れて、見学やごみを搬入する体験型にした。実際に働く職員が登場して解説しているのも特徴だ。制作した施設課の職員は「動画をみて家族でごみの減量化を考えるきっかけになれば」と話す。

ナス1個分減量意識を

 またごみの減量意識の啓発を図る目的もある。2市の可燃ごみは現在、1日に200トン焼却できる同センターと、90トン焼却の伊勢原清掃工場で処理されている。

 2019年度は年間、約6万トンが搬入された。しかし1985年から稼働した同工場は老朽化のため、2025年度までに稼働停止する必要がある。

 16年度に策定された「秦野・伊勢原ブロックごみ処理広域化実施計画」に基づいた25年度までの年間目標は、2市でおよそ5万6千トン。現在より約4千トン減らす必要がある。同課によると、伊勢原市民1人あたり1日ナス1個分の重さ(約67グラム)のごみを減らせば達成できるという。これまで可燃ごみはリサイクル意識の向上や剪定枝の資源化などで減少していたが、いまだに紙類やプラスチックなどが可燃ごみに混入されているのが現状だ。

 同課は「ごみの分別に協力いただき、減量化につなげられれば」と呼びかけた。

クリーンセンターのごみピット
クリーンセンターのごみピット

伊勢原版のトップニュース最新6

子育て支援の拠点開設

つどいの広場いせはら

子育て支援の拠点開設 社会

大原保育園内に

10月23日号

看板4選手が出場

谷山ジム

看板4選手が出場 スポーツ

スーパーBigbang

10月23日号

市民参加でモザイクアート

市制施行50周年事業

市民参加でモザイクアート 社会

写真を募集中

10月16日号

今年度工事始まる

運動公園再生修復整備

今年度工事始まる 社会

一部利用制限エリアも

10月16日号

広報連携企画が始動

県央8市町村

広報連携企画が始動 経済

リレー動画を公開

10月9日号

今年もハロウィーン企画

伊勢原駅前中央商店会

今年もハロウィーン企画 コミュニティ経済

24日・25日に駅前広場

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク