伊勢原版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

社会教育功労者表彰 大谷信次さんが受賞 青少年教育活動が評価

社会

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を授与された大谷さん(右)
表彰状を授与された大谷さん(右)

 桜台在住の大谷信次さん(82)が、このほど青少年教育活動に関する功績が認められ、2020年度社会教育功労者表彰を受賞。3月30日に市役所で高山松太郎市長から表彰状が授与された。

 同表彰は、地域における社会教育活動を推進するため、多年にわたり社会教育の振興に功労のあった人などに対して、文部科学大臣が表彰するもの。20年度は全国で108人、県内では2人が受賞し、市内から唯一、大谷さんが受賞した。

 大谷さんは1986年4月1日から94年3月31日までの8年間、市青少年指導員として、地域で子どもたちとのイベント活動や、青少年の健全育成活動に従事。同連絡協議会の会長も務めた。

 その後94年4月からは、市青少年相談室補導員として青少年の非行防止活動や環境浄化活動に努め、昨年3月末まで同連絡協議会の会長を22年間務めた。表彰を受け大谷さんは「考えてもいなかったのでとても驚いた。(表彰は)すべて仲間や関係団体の皆様のおかげ。地域の方が関心をもってくれたことで補導件数も減り感謝している」と話した。

子どもと同じ目線で

 市内下平間出身の大谷さん。自治会長の推薦で青少年指導員を始め、地域の子どもたちのために活動した経験が評価され、市の推薦を受け補導員として活動することに。月1回の街頭指導は、初めは怖くて何度もやめようと思ったというが、一度引き受けたからには途中で投げ出したくないという思いと、自身も親となり、子どもたちに立派に成長してほしいという思いで続けてきた。「子どもたちと同じ目線で話し、あいさつを交わすことを徹底してきた。何度も指導していた子が親になって再会した時、やってきたかいがあったと感じた。活動を通じ多くの方と出会えたのが財産です」と笑顔で話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

仏国際コンクールで金賞

吉川醸造

仏国際コンクールで金賞 社会

日本酒の新ブランド開発

5月7日号

創建400年アートで祝う

伊勢原大神宮

創建400年アートで祝う 文化

伊勢神宮の「日の出」再現

5月7日号

青春を重ね開催待つ

東京五輪ソフトボール

青春を重ね開催待つ スポーツ

厚木市在住の飯島さん

4月30日号

映画のロケ地を巡る

伊勢原

映画のロケ地を巡る 社会

10カ所に等身大パネル

4月30日号

縄文後期の埋没林公開

西富岡向畑遺跡

縄文後期の埋没林公開 文化

鳥の羽の発見は全国初

4月23日号

大山能狂言を次世代へ

大山能狂言を次世代へ 文化

舞台出演めざし教室始動

4月23日号

CIZA伊勢原店

ゆったりした店内が人気!日替わり丼などテイクアウトも好評!

http://www.a-bowl.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter