神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2014年2月14日 エリアトップへ

神奈川なでしこブランド 藤沢市から2商品認定 県が女性の活躍をPR

公開:2014年2月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
なでしこブランドに選ばれた内田さん(左)と池田さん
なでしこブランドに選ばれた内田さん(左)と池田さん

 神奈川県は、女性が開発に貢献した商品を「神奈川なでしこブランド」(KNB)として認定した。藤沢市からは、「Vボディボードシリーズ」((有)バズコーポレーション・片瀬海岸)と「プロの寿司職人が教える寿司教室」(さつまや本店・藤沢)の2件が認定され、2月6日にパシフィコ横浜で開かれた認定式で表彰された。

 KNBは、女性らしい考え方や視点で開発(考案)された商品を紹介することで、女性が活躍する場を広げようというもの。商品だけではなくサービスも対象とし、審査は有識者らの委員会が行った。県内の企業・団体から募集し、83件の応募の中から、6部門44件が選ばれた。

 「Vボディボードシリーズ」は、日本人初の女性プロボーダーである内田美智子さん(52)が開発・製造したもの。ボードやウエットスーツ、小物などマリンスポーツ・ボディーボードで使う女性向けの商品だ。

 内田さんは、プロ選手の経験を活かし18年前に(有)バズコーポレーションを設立。自身のブランドを立ち上げた。「当時は、女性向けのおしゃれな商品はなく、女性に共感される商品を作りたい」と自らの思いを形にした。デザインは、トレンドに敏感な女性のために、ファッションの流行を取り入れ、毎年新デザインを発売。

 内田さんは「数多くの中から選ばれて驚いている。これを励みに良い商品を作りたい」と話した。

 「プロの寿司職人が教える寿司教室」は、英会話教室を運営する池田由美子さん(45)が始めた寿司づくり体験サービス。英会話教室の外国人スタッフや生徒らに「日本の食文化をより深く知ってほしい」と、寿司職人である夫の技術を活かした体験教室を開いたことがきっかけという。

 2009年3月から運営を始め、これまで2000人が体験教室に参加している。フェイスブックやツイッターといったSNSを使った宣伝も評価された。12年からは、新江ノ島水族館で地元の魚を使った寿司づくり教室も開いている。

 池田さんは「県内で活躍する女性の一員に選ばれて嬉しい。これからも日本の文化を外国人や日本人に伝えられるように努力をしていきたい」と抱負を語った。

 同事業では「KNB」44件のほか、一般女性がアイデアを応募し、自ら商品化を目指す「なでしこの芽」1件と商品化を企業に促す「なでしこの種」3件が認定された。

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

空家問題に強い相続専門行政書士

神奈川県政策局 「かながわ人生100 歳時代ネットワーク」構成団体 

https://kotobuki-souzoku.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

会社員ボクサーが世界戦

プレス工業阿部麗也さん

会社員ボクサーが世界戦

3月フェザー級王者に挑む

2月16日

ケアラー支援へ条例を

ケアラー支援へ条例を

市議会がシンポジウム

2月16日

現新3氏の争いへ

藤沢市長選

現新3氏の争いへ

現市政3期12年の是非争点

2月9日

市内2商品が認定

県なでしこブランド

市内2商品が認定

DX、SDGsなど社会ニーズ対応

2月9日

子どもも候補者に1票

子どもも候補者に1票

市長選に合わせ有志が企画

2月2日

災害時のトイレ、備えは

災害時のトイレ、備えは

処理袋備蓄も個別計画なく

2月2日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook