藤沢版 掲載号:2018年12月7日号
  • LINE
  • hatena

ミニサッカーで世界に挑戦 湘南学園小 最上理雄くん

スポーツ

6人制サッカー国際大会に挑戦する最上くん(左)と夏に同大会に挑戦した吉田くん(中央)、SSTP湘南代表の須田さん
6人制サッカー国際大会に挑戦する最上くん(左)と夏に同大会に挑戦した吉田くん(中央)、SSTP湘南代表の須田さん

 辻堂太平台に拠点を置くSSTP湘南サッカークラブに通う最上理雄(りお)くん(湘南学園小5年)が、12月ドイツで行われる6人制サッカーの国際大会に挑戦する。

 今回は、ヨーロッパやアジアのサッカー留学のサポートをしている(株)ユーロプラスインターナショナルの代表チームの一員として挑戦する。最上くんの突破力のある個人技が認められ、同社から声がかかったという。

 最上くんは、学生時代サッカー部に所属していた父親の勧めで小1からサッカーを始めた。3年生から本格的に学びたいと、個人技を磨くことをモットーに指導している同サッカークラブに参加している。速さと止まる技術で、1対1で強みを発揮する。センターバックながらドリブルで駆け上がり、独力でシュートまで持っていく実力を持つ。

 クラブ代表兼監督の須田英一郎さんは技術力の高さに加え「状況把握と瞬時の判断力に優れる」と太鼓判を押す。

 「世界のレベルがどれくらいなのか、感じてきたい」と最上くん。また、「パスサッカーが多い今、ドリブル突破にこだわっていきたい」と意気込む。

 同チームからは大鋸小学校4年の吉田慎之介くんが夏の大会で同じくドイツに渡っている。吉田くんは大会を振り返り、「強くて速い世界のプレーが感じられ勉強になった」と話した。
 

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

国民民主党 神奈川県連

2019年 統一地方選挙 神奈川県内 立候補者募集

http://dp-kanagawa.jp/joining/youkou.html

12月は洋蘭フェアー

オリジナリティーあふれるアレンジ・寄せ植えいたします。

http://chisanchisho.enopo.jp/flower-nouen/534-fujisawa-youran.html

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク