藤沢版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

遠藤の谷戸に公園施設 浸水対策兼ね整備着手へ

社会

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
遠藤笹窪緑地に整備予定の公園イメージ図(藤沢市提供)
遠藤笹窪緑地に整備予定の公園イメージ図(藤沢市提供)

 藤沢市は市北西部に位置し、市内三大谷戸のひとつに数えられる「遠藤笹窪谷戸」(遠藤笹窪緑地)の一部を活用し、公園を整備する。大雨時の浸水被害に対応するため、調整池機能を有した施設を想定しており、2019年度にも池の造成工事に着手。市は公園の完成時期について「整備が順調に進んだとして3〜4年後」と説明している。

◇◇

 整備は市都市マスタープランに位置付けられており、緑地保全や施設整備については12年3月に策定した「健康の森基本計画」に基づいて検討を進めてきた。また同緑地には小出川の水源があり、台風などで大量の水が周囲に流出。浸水対策が課題になっていた。

 市西北部総合整備事務所によると、都市公園として整備するのは、谷戸の約24・3haのうち、平地が広がる約2・3ha。大型遊具などは設置せず、トイレや駐車場、散策路などを整備し、自然環境を生かした公園を目指す。一方、約21 ha広がる緑地部分については今後、「特別緑地保全地区」として指定し、保全を図るという。

 市は17年度に公園の基本設計、18年度には詳細設計を実施。19年度当初予算案に調整池の造成工事費として約1億3千万円を計上した。

 同事務所では「緑地保全と浸水対策は地域住民からも要望が寄せられている。なるべく早い時期に完成を目指したい」と話した。

 同緑地を含む健康の森を巡っては1985年頃、北西地区の活性化拠点として整備を計画したが、98年頃、準絶滅危惧種のオオタカの営巣が確認され、方針を転換。以降、市内三大谷戸の一つとして保全と再生を検討してきた経緯がある。

藤沢版のトップニュース最新6

下土棚遊水地 供用を開始

下土棚遊水地 供用を開始 社会

引地川の氾濫防止へ

9月18日号

50年ぶりに宗門法要

龍口寺

50年ぶりに宗門法要 文化

龍ノ口法難750年で

9月18日号

プレミアム商品券 受付開始

プレミアム商品券 受付開始 社会

大型店利用も 一部は電子化

9月11日号

「ブルーフラッグ」取得へ

片瀬西浜・鵠沼海水浴場

「ブルーフラッグ」取得へ 社会

良好な水質や環境PR

9月11日号

空き家問題解消へ協議会

空き家問題解消へ協議会 社会

官民協働で方針検討

9月4日号

新たな資源循環 県内初

使用済みペットボトル

新たな資源循環 県内初 社会

コンビニ15店舗に回収機

9月4日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

ふじさわプレミアム商品券

30%のプレミアムがついたプレミアム商品券。お申込みはこちら

https://www.fujisawa-genki2020.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク