藤沢版 掲載号:2019年3月8日号
  • LINE
  • hatena

故かこさとしさん 初の詩集 孫への愛など題材に

文化

記者会見で新著と冊子を紹介する長女の鈴木さん(右)と孫の亀津さん
記者会見で新著と冊子を紹介する長女の鈴木さん(右)と孫の亀津さん

 児童文学の大家として知られ、藤沢市在住で昨年5月に他界した絵本作家、かこさとしさん(享年92歳)の初の詩集が5日、刊行された。子ども向けに創作した言葉遊びや、孫の成長を記録した詩の数々を収録。1日、片瀬山で記者会見が行われ、親族らが出版に至るエピソードなどを語った。

新著『ありちゃん あいうえお』

 タイトルは『ありちゃん あいうえお かこさとしの71音』。長女の鈴木万里さん(61)によると、かこさんは生前、時間があれば俳句や詩、文章などを書きためていたといい、書棚に残っていた2冊のダミーブック(束見本)が原形になった。昨年4月、出版社から書籍化を提案された際は、照れながらもうれしそうな笑みを浮かべていたという。

 1冊目は、子どもたちに言葉を覚えてもらうために創作した『ありちゃん あいうえお』。「あひるちゃん/あるく」「んとこ/おもいな/しんぶんし」など、「あ」から「ん」までの50音と濁点、半濁点を加えた71音をそれぞれ使い、手書きの挿絵を添えた。作品名に使われている「あり(蟻)」は「本人が生前好きで様々な作品に登場する、馴染み深いタイトル」(鈴木さん)という。

 2冊目は、2人の孫の成長の記録をつづった「まごまごのうた」。子どもが娘だけだったかこさんにとっては、初めての男の子で「”マゴマゴ”しながらあやしたり、遊び相手になったり。可愛くて仕方ないという溺愛ぶりが伝わってくる」(同)。

 「たっくんは/たからもの/ばばとじじの/たからもの」「おっぱいよくのむ/ひろちゃんは/ボサボサ頭のソラマメちゃん」

 そんな愛情がつまった40編のうち、12編を選んだ。かこさんの孫で、大学院生の亀津鴻(ひろき)さん(25)は「一方的な愛情なので、うれしくもあり、恥ずかしくもある」とほほ笑む。鈴木さんは「お子さんたち、そしてかつてお子さんだった皆様に親しんでいただけたら」と話した。

 講談社刊行。80頁、1300円(税別)。

2部構成で80頁
2部構成で80頁

藤沢版のトップニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統文化を体験しよう

伝統文化を体験しよう

30・31日 市民会館でイベント

3月30日~3月31日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク