神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2021年10月8日 エリアトップへ

「学生の声、拾い上げて」 黙食、休み時間も自席、なのに大人は…

教育

公開:2021年10月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
「学生の意見に耳を傾けてほしい」と話す女子中学生(写真は提供)
「学生の意見に耳を傾けてほしい」と話す女子中学生(写真は提供)

 私たちの声を載せてもらえないでしょうか――。新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言下の9月下旬、藤沢市内在住の中学3年生の女子生徒からそんな投稿が本紙に寄せられた。先月30日に宣言が解除され、公立小中学校でも部活動や学級を超えての活動が再開され始めたが、感染症対策の徹底のため様々な場面で制限は続く。学生目線で訴えたいこととは何か。話を聞いた。

中学3年生が本紙に投稿

 「学生には目が向けられているようで、誰も声を拾ってくれません」。夏休みが空けて2週間あまり。一向に元に戻らない学校生活が続く中、不満を抱えていた。

 休み時間も原則自席から動けず、マスクを外す昼食時は皆が同じ方向を向いて一言も話さない。楽しみだった他級友とのおしゃべりの機会はなくなり、修学旅行は行けるかどうかも分からない。

 「ただただ勉強だけをする場所」。楽しかったはずの学校生活が無味乾燥に思えて仕方なくなった。「『あれをやれ、これをやれ』と言われるばかりで当事者が置き去りになっている」と疑問を投げ掛ける。

 胸につっかえていることがある。休み時間に職員室を訪れた際、数人の教師がマスクを着用していないのが目に付いた。一度ではない。「私たちに言うなら何で大人が守らないんだ」。テレビ越しに世間を観れば、飲酒制限の緩和に大人が喜んでいる。自分たちは今も楽しい給食の時間を我慢しているのに。どう考えても不公平だ。

 後輩たちのことを考えるとやるせない。「中学生活の一番の思い出は」。そう問われれば自分は1年生のときのことを話すだろう。コロナがなかったからだ。

 だが、2年生以下にはそれがない。「中学校生活は楽しいものなのに、知らないまま卒業することになったらあまりにかわいそう」と慮る。

 感染症対策をやめろとも緩めろとも言うつもりはない。ただ、学生がどう思っているのか聞いてほしい。切実に、そう感じている。

藤沢版のローカルニュース最新6

大庭で吊るし雛飾り展

大庭で吊るし雛飾り展

4日から農協支店で展示

3月1日

子どもラグビー 疾走

子どもラグビー 疾走

藤沢LC湘南カップに400人

3月1日

六会中ペア関東3位

六会中ペア関東3位

柔道「形」の米谷・仲山さん

3月1日

自転車が空を舞う

自転車が空を舞う

江の島でBMX・W杯

3月1日

「リスペクトの心 育んで」

「リスペクトの心 育んで」

慶應高野球部の上田前監督が講演

3月1日

トマトとピザと藤沢の話

6日市民活動推進センター

トマトとピザと藤沢の話

若手農家ゲストに交流会

3月1日

馬肉専門販売店

1500円以上お買い上げの方、「タウン見た」でユッケプレゼント

https://rarea.events/event/112428

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook