神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2022年3月4日 エリアトップへ

「青春の舞台」海辺で開幕 コロナ禍の高校生へエール

教育

公開:2022年3月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
「#フジサワの高校生」プロジェクトに参加した高校生
「#フジサワの高校生」プロジェクトに参加した高校生

 コロナ禍で学校行事がなくなり、発表の機会が失われた高校生らにエールを送ろうと、有志から成る市民団体がイベントを企画した。3月21日の春分の日、片瀬西浜に特設ステージを用意し、ダンスやバンド演奏を披露してもらう。関係者は「藤沢は青春を謳歌できる懐の深い街。高校生を応援する文化が根付くきっかけになれば」と話している。

 藤沢ゆかりのクリエーターが集まり、まちづくりに取り組む市民団体「フジサワキカク」が企画した。イベントは市と共催する。

 同団体は昨年4月から市の助成事業として「#フジサワの高校生」と銘打ったプロジェクトを展開。高校生をパーソナリティーに起用したラジオ番組やポスター制作、SNS上で街の情報発信などに取り組んできた。

 「今回のイベントは活動の集大成。ぜひ成功させたい」

 そう意気込むのは、団体副代表の沢田真洋さん(30)。昨年末、プロジェクトに関わる女子高生が「コロナの影響でダンスのステージがなくなってしまった」と漏らした一言がきっかけで、急ピッチで準備を進めてきた。当日は事前応募のあった15組が音楽や踊り、書道などのパフォーマンスを披露する。

賛同の輪広がる

 「大人は次の機会があるかもしれないが、高校生にとって高校生活の1回の発表は1度きり。やるせない気持ちを抱えている高校生を応援したい」。そんな思いに多くの賛同が集まった。

 資金の一部を調達するクラウドファンディング(CF)では目標額の10万円を早々に達成し、2日までに65人から計約19万円が寄せられた。また舞台装飾や音響機材は地元企業が提供。当日は藤沢ゆかりの若手俳優やミュージシャンもゲスト出演し、プロの力でステージに花を添える。

 沢田さんは「初の試みだが、来年以降も継続したい。ぜひ多くの大人に応援してもらえたら」と話した。

 イベント「THE POWER OF KOKOUSEI」は午後2時から5時45分。観覧無料。小雨決行、荒天中止。CFは3月9日まで専用サイトの「CAMPFIRE」で受け付けている。詳細は同サイトへ。

藤沢版のトップニュース最新6

大型連休、人出前年並み

観光客数

大型連休、人出前年並み

混雑回避、分散化一因か

5月17日

藤沢勢がワンツーV

クライミングユース

藤沢勢がワンツーV

日本選手権で上位独占

5月17日

担い手確保に課題

自治会町内会

担い手確保に課題

デジタルや人材活用視野

5月10日

不要な学生服、必要な人に

不要な学生服、必要な人に

市役所内に「回収ボックス」

5月10日

水と緑の学び場へ

少年の森

水と緑の学び場へ

再整備基本方針を策定

5月3日

トンボロ歩いて「記念証」

藤沢探検隊

トンボロ歩いて「記念証」

児童発案、デジタルで限定発行

5月3日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook