神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2022年5月27日 エリアトップへ

「重度障害者の社会参加を」 視線入力でドローン操縦 湘南アイパークでテスト飛行

社会

公開:2022年5月27日

  • X
  • LINE
  • hatena
プロジェクトを紹介する関係者ら
プロジェクトを紹介する関係者ら

 寝たきり状態にある重度障害者が視線入力だけでドローンを操縦するプロジェクトが村岡東の「湘南ヘルスイノベーションパーク」(湘南アイパーク)で始まった。ゲームのコントローラー技術を応用したもので、19日に公開テスト飛行を実施。ドローンを通じた就労機会の創出や社会参画に向けて、2024年の事業化を目指すという。

 プロジェクトは筋ジストロフィー患者で都内に暮らす梶山紘平さん(36)の発案でスタート。元々ゲーム好きで手が不自由な人向けのコントローラーを利用しており、「現実世界でも何かを動かしたい。ドローンなら飛ばせるのではないか」と提案したことがきっかけになった。

 これを受け、湘南アイパークに入居する障害者向けのバーチャルツアーを提供する「シアン」(東京都)と障害者向け機器を提供する「テクノツール」(同)が連携。梶山さんを交え、プロジェクトを本格始動させた。

 この日は電動車いすに乗った梶山さんが端末に視線を送り、実際にドローンを操作。機体を10mほど上昇させ、前後左右に動かしたりホバリングなどを行い、離着陸の一連の動作を披露した。

 テスト飛行後、梶山さんは「視線を固定する難しさはあるが、最新技術を活用することで可能性が広がる。多くの人に障害があっても社会参加することができると思ってもらいたい」と話した。

 今後は実用化に向け、事業に協力するドローンメーカーを募る。道路や水道管などのインフラ点検や配達業務への従事を将来的な目標に、当面は世界に先駆けて重度肢体不自由のあるプロパイロットの誕生を目指すという。

 テクノツールの島田真太郎代表取締役らは「将来的にはコントロールシステムの実用化と法制度への対応を経て、自宅のベッド上からドローンを操縦し、パイロット業務に従事することを目指す」とした。

視線入力でドローンを操縦する梶山さん
視線入力でドローンを操縦する梶山さん

藤沢版のトップニュース最新6

大型連休、人出前年並み

観光客数

大型連休、人出前年並み

混雑回避、分散化一因か

5月17日

藤沢勢がワンツーV

クライミングユース

藤沢勢がワンツーV

日本選手権で上位独占

5月17日

担い手確保に課題

自治会町内会

担い手確保に課題

デジタルや人材活用視野

5月10日

不要な学生服、必要な人に

不要な学生服、必要な人に

市役所内に「回収ボックス」

5月10日

水と緑の学び場へ

少年の森

水と緑の学び場へ

再整備基本方針を策定

5月3日

トンボロ歩いて「記念証」

藤沢探検隊

トンボロ歩いて「記念証」

児童発案、デジタルで限定発行

5月3日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook