神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2022年9月9日 エリアトップへ

過去4年で自殺者最多 市分析「コロナ禍など要因」

社会

公開:2022年9月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

 9月10日から16日は「自殺予防週間」。2006年の自殺対策基本法施行以降、藤沢市では減少傾向だった自殺者数は昨年再び増加に転じ、過去4年間では最多に。藤沢市は「コロナ禍など社会変化が要因の1つ」とみており、これまでの支援策に加え、若年女性など統計からは見えにくい「SOS」を受け取めるネットワーク強化に力を入れる。

 市は19年に「ふじさわ自殺対策計画」を施行。23年の人口動態自殺死亡率11・0%以下を目標に対策を進めている。

 警察庁の統計によると、市内の自殺者数は、09年の89人から増減を繰り返しながら減少。20年には自殺者数40人、自殺死亡率も22・12%から9・17%まで改善した。

 一方、21年の自殺者数は61人で、過去4年間では最多。自殺死亡率は13・88%まで上昇した。

 21年の自殺者の原因・動機では、これまでも最多だった「健康問題」の19人に続き、「経済・生活問題」が急増して16人となり、過去10年では最多となった。

 同統計によると、元々藤沢市で自殺する人には「高齢者」「生活困窮者」「働く世代」の傾向があり、市はこれらの市民への支援を重点施策に据えてきた。市保健予防課は「これまで(自殺には至らなかった)境目の人たちの状況が急激に悪化している。一因はコロナ禍による生活困窮など社会変化と考えられる」と分析。「支援も社会変化に対応しながら強化していく必要がある」と話す。

 また同課は「統計には現れていない『SOS』をキャッチし、事前に防ぐことが不可欠」と指摘。自殺に傾く人のサインに気付き対応する「ゲートキーパー」の養成研修を庁舎内で課を横断して実施。全国的に人数の増える小中高生の自殺者対策強化のため、今年度からは研修を教職員にも拡大した。

若年女性向け講演会

 また、失業などコロナ禍の影響が特に大きかったとされ全国的に増加傾向の「若年女性」の対策も強化。9日から16日にかけ「生きづらさを抱える若年女性たちの『今』と『これから』に必要なこと」と題した動画講演会をネット配信する。問い合わせは同課【電話】0466・50・3593。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

「大根×魚醤」漬物日本一

「大根×魚醤」漬物日本一

飲食店の渡辺さん考案

6月14日

一部来年度に供用開始

遠藤葛原線

一部来年度に供用開始

第1工区約700m、全線は未定

6月14日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月7日

過去最多の1960万人

年間観光客数

過去最多の1960万人

コロナ5類移行や天候要因

6月7日

国際基準の施設に一新

鵠沼海浜公園

国際基準の施設に一新

「HUG-RIDE PARK」あす開業

5月31日

「朝の保育」住民が協力

湘南台・四ツ辻団地自治会

「朝の保育」住民が協力

登校まで児童一時預かり

5月31日

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook