神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2023年3月10日 エリアトップへ

アサガオの種 パリ五輪へ レガシー後世へ有志活動

社会

公開:2023年3月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
活動をPRする「あさがおプロジェクト」のメンバーら
活動をPRする「あさがおプロジェクト」のメンバーら

 2021年東京五輪セーリング競技会場となった江の島で、会場を彩ったアサガオの花の種を24年パリ五輪に届けるプロジェクトが進んでいる。大会に携わったボランティアの有志が東京五輪のレガシー(遺産)を未来につなげたいと企画。花を育てるサポーターも募集しており、関係者は「活動を通じて一緒に藤沢を盛り上げたい」と話している。

 活動は、元「シティキャストフジサワ」の齋藤泰子さん(55)=人物風土記で紹介=が発案。元都市ボランティアらが登録する市の「チームFUJISAWA2020」に参加する実行委員12人と「あさがおプロジェクト」と銘打ち取り組んでいる。

 アサガオは県内の小学校やろう学校、養護学校13校の児童生徒が育てたもの。元々は手荷物検査で列を仕切るためのものだったが、新型コロナウイルスの感染拡大で無観客となったため、代わりに江の島弁天橋に520鉢を設置し、選手や大会関係者への「おもてなし」を演出した。

 本来観客の案内にあたる予定だった齋藤さんら。活動の場を失い、大会期間中、自主活動として県の了承を得た上でアサガオの世話に当たることに。大会後は、レガシーを継承しようとプロジェクトに参加した神田小学校(平塚市)など3校から種を譲り受けた。

 昨年、実行委とサポーターで花を育てたところ、約800gを採取。今回、チームFUJISAWA2020の参加者の協力を得て2kgの採取を目指すという。

 育てた種や押し花は、市の取り次ぎで日本セーリング連盟に引き受けてもらえることも決まった。齋藤さんは「海を渡った国で花が咲く様子を子どもたちに見せたい。『夢が叶ったよ』と伝えられたら」と期待を膨らませた。

 サポーターになるためにはチームFUJISAWA2020に会員登録し、説明会に参加する。詳細は同ホームページ(https://team-fujisawa2020.jp/)へ。

藤沢版のトップニュース最新6

大型連休、人出前年並み

観光客数

大型連休、人出前年並み

混雑回避、分散化一因か

5月17日

藤沢勢がワンツーV

クライミングユース

藤沢勢がワンツーV

日本選手権で上位独占

5月17日

担い手確保に課題

自治会町内会

担い手確保に課題

デジタルや人材活用視野

5月10日

不要な学生服、必要な人に

不要な学生服、必要な人に

市役所内に「回収ボックス」

5月10日

水と緑の学び場へ

少年の森

水と緑の学び場へ

再整備基本方針を策定

5月3日

トンボロ歩いて「記念証」

藤沢探検隊

トンボロ歩いて「記念証」

児童発案、デジタルで限定発行

5月3日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook