神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2023年8月4日 エリアトップへ

県年齢別人口統計 藤沢 人口増も少子化進む 高齢者比率は横ばい

社会

公開:2023年8月4日

  • X
  • LINE
  • hatena

 神奈川県は先月21日、2023年1月1日時点の年齢別人口統計調査の結果を発表した。人口の増加が続く藤沢市では、65歳以上の高齢者の比率は24・8%と昨年と同じだったが、14歳以下の比率が減少し、少子化の進行が明らかになった。

 調査は、20年の国勢調査の年齢別人口を基に、出生、死亡、転入出等を加減して推計。年齢を3つに区分した人口や割合、平均年齢など、市区町村ごとのデータが公表されている。

 藤沢市は、総人口が昨年から2124人増加し、44万3千832人。増加数は、県内58市区町村の中で横浜市港北区に次いで2番目だった。

 15歳〜64歳の生産年齢人口は2136人増加、65歳以上の老年人口も342人増加したが、14歳以下の年少人口は354人減少となった。

 人口構成比では、65歳以上の割合は24・8%で昨年と同じ。14歳以下の割合は12・9%で、昨年の13・1%から0・2ポイント減少した。

 年少人口に対する老年人口の比率である老年化指数は191・2で、県全体の222・1よりも30・9ポイント低かった。市内の平均年齢は46・30歳で、県平均の47・03歳より0・73歳若かった。

 市内の高齢者比率が横ばいに抑えられていることについて藤沢市企画政策課は「ファミリー世帯の転入が増加していることで、高齢者の比率が下がっている」と分析する。一方で、少子化については「医療費助成などこれまでの施策を継続しつつ、市として新しい取り組みも検討していく必要がある」と話す。

県全域では少子高齢化顕著

 県全域では、少子高齢化が顕著になっている。

 県の平均年齢は昨年から0・23歳高くなり、1976年の調査開始以来、上昇を続けている。県内で最も高いのは真鶴町(57・74歳)で、最も低かったのは川崎市中原区(41・71歳)だった。

 年齢を3つに区分した結果では、年少人口が104万7千478人(前年比1万8千521人減)と過去最少で、全体の11・6%。減少は14年連続。生産年齢人口は564万59人(同1万2千962人増)で62・6%を占める。老年人口は232万6千294人(同2287人増)で過去最多。全体の25・8%となり、老齢化指数も調査開始から増加が続いている。

 年齢別人口統計調査の詳しい結果は、神奈川県の統計センターホームページで閲覧できる。

藤沢版のトップニュース最新6

公民学連携の都市形成を

村岡新駅周辺地区

公民学連携の都市形成を

商工会館でシンポ、事例紹介も

3月1日

一般会計が過去最大

藤沢市予算案

一般会計が過去最大

継続事業中心に課題対応

3月1日

鈴木氏4選2氏破る

藤沢市長選

鈴木氏4選2氏破る

実績強調、多選批判かわす

2月23日

120周年 児童ら手作り

明治小

120周年 児童ら手作り

地域住民と節目祝う

2月23日

会社員ボクサーが世界戦

プレス工業阿部麗也さん

会社員ボクサーが世界戦

3月フェザー級王者に挑む

2月16日

ケアラー支援へ条例を

ケアラー支援へ条例を

市議会がシンポジウム

2月16日

馬肉専門販売店

1500円以上お買い上げの方、「タウン見た」でユッケプレゼント

https://rarea.events/event/112428

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook