神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2023年11月10日 エリアトップへ

プレス工業陸上競技部 4年ぶりニューイヤーへ 過去最高10位台目指す 

スポーツ

公開:2023年11月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
プレス工業陸上競技部の選手ら(同社提供)
プレス工業陸上競技部の選手ら(同社提供)

 藤沢市を拠点とするプレス工業陸上競技部が3日、埼玉県で開催された「第64回東日本実業団対抗駅伝」で9位となり、4年ぶりに全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)への出場を決めた。全日本大会は来年1月1日に群馬県で開催される。

 東日本大会には36チームが出場し、上位12チームなどが全日本への切符を手にする。プレス工業は、1区から大川歩夢選手(22)が4位でたすきを繋ぎ、3区の橋本龍一選手(26)は区間新記録で通過圏内をキープ。続く区間では、今年の世界陸上に出場した砂田晟弥選手(22)や、キャプテンの滋野聖也選手(26)などが順位を保ち、9位でゴールした。

 1区の大川選手と最終7区の坂本健悟選手(23)は今年入部。大川選手は「デビュー戦で会社を背負うプレッシャーもあったが、本番は力通りの走りができ、1区から良い流れを作ることができた」と今回のレースを振り返った。

 同部の下里和義監督が着任後、初の通過となる。下里監督は「5区までは順位を上げ、後半6、7区で粘るという戦略をとった。3区からは不安もなく通過できた」と話した。

 普段は境川沿いのサイクリングロードなどで練習する。「今年はキャプテンを中心にミーティングを重ねるなど、チーム内の雰囲気も良い」とし、「選手以外の部員やスタッフ、また地域の皆さんの応援に支えられ、全員で勝ち取った全日本だと思う」と語った。

 全日本の目標は、同部過去最高の10位台。大川選手は「インパクトを与えるレースがしたい」と抱負を述べた。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催 

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202308/57162.html

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

搬送数昨年比7件増

熱中症

搬送数昨年比7件増

暑さ避け水分補給を

7月12日

踏切道廃止で安全確保へ

藤沢本町駅周辺整備

踏切道廃止で安全確保へ

市が8年後の完成目指す

7月12日

官民協働 未来のまちへ

湘南大庭地区

官民協働 未来のまちへ

活性化指針、素案まとまる

7月5日

ファン支援で“ホピ子”復活

ファン支援で“ホピ子”復活

葛原から再びレースの頂へ

7月5日

22年ぶり全国大会へ

藤沢シニア

22年ぶり全国大会へ

 敗者復活戦から切符獲得

6月28日

駄菓子屋が学び舎に

駄菓子屋が学び舎に

「商売」体験、不登校支援にも

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook