神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年1月12日 エリアトップへ

村岡新駅周辺地区 官民連携でまちづくり 市、東急不動産らと協定

経済

公開:2024年1月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
村岡新駅(仮称)の建設予定地(市提供)
村岡新駅(仮称)の建設予定地(市提供)

 JR藤沢-大船間で2032年頃に開業を予定している「村岡新駅(仮称)」周辺の開発を巡り、藤沢市はこのほど、東急不動産(株)(東京都)と三菱商事都市開発(株)(同)を事業検討パートナーに選定した。今後、両社と競争的対話を行いながら研究開発拠点の形成に向けた事業者の公募条件などを検討。事業の継続性やノウハウを含めた民間手法を取り入れた官民連携のまちづくりを進めるとしている。

 市は昨年9月、事業検討パートナーを公募。複数社から応募があり、市幹部や有識者で成る選定委員会による審査を元に昨年12月26日付けで両社と基本協定を締結した。

 対象区域は、新駅に隣接する約7haのうち、市土地開発公社が所有する約3ha。新駅開業と同時期のまちびらきを想定しており、まちづくりの手法として官民連携(PPP)手法を採用する。

 事業検討パートナーの公募にあたり、市は審査項目として▽まちづくり方針のコンセプトを踏まえた施設整備の明示▽施設の貸出にとどまらない企画立案やコーディネート▽中長期的なまちづくりや産業振興への寄与―などを提示。大規模な土地開発で実績のある両社が選定された。三菱商事都市開発を代表とする企業グループには、湘南アイパークで次世代医療に関する実証実験に参画する三菱商事も加わる。

 市都市整備課は選定にあたり「今後PPPを進めていくためのステップが進んだ。幅広く色々な競争的対話ができると期待している」と述べた。

 同地区の整備を巡っては昨年10月、隣接する鎌倉市深沢地区と合わせ、都市再生機構(UR)を事業主体とする土地区画整理事業が国の事業認可を受けている。

藤沢版のトップニュース最新6

各市街地で軒並み上昇

市内公示地価

各市街地で軒並み上昇

住みやすさとブランド影響

4月12日

湘南がプレーオフ進出

プロバスケB3リーグ

湘南がプレーオフ進出

決め手は得失点差「1」

4月12日

笑顔の繰り手 活動に幕

笑顔の繰り手 活動に幕

人形劇サークル「あひるの子」

4月5日

タッチで移動円滑に

江の島エスカー

タッチで移動円滑に

混雑解消へキャッシュレス化

4月5日

海洋交通の拠点に

湘南港

海洋交通の拠点に

「江の島桟橋」が完成

3月29日

本が大好き「私の居場所」

本が大好き「私の居場所」

不登校支援へ地域連携

3月29日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook