神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年2月23日 エリアトップへ

衛生面の備え「拡充を」 NPO法人ぐるんとびー 菅原健介理事長

社会

公開:2024年2月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
被災地支援について語る菅原理事長
被災地支援について語る菅原理事長

 能登半島地震では、多くの人が避難所での生活を余儀なくされた。藤沢市内で福祉活動に取り組むNPO法人ぐるんとびーの菅原健介理事長は、被災地で現地の社会福祉法人と協力して福祉避難所の運営にあたった。社会の高齢化が進むなか、高齢者の受け入れや現場で感じた課題などを聞いた。

 菅原理事長が被災地に入ったのは3日。「発災直後に行って良いか悩んだが、知人からの救援の声で決めた」という。避難所では水や食料のほか、おむつ、生理用品、離乳食などの不足が目立ったため、これらの支援物資を用意した。

 介護が必要な高齢者や障害者などを受け入れる福祉避難所は、主に介護施設のスタッフなどがケアにあたるが、「人手が足りず、疲労で耐えられなくなっていく状態」と話す。特に衛生面での課題が大きく、「水の無い状態ではトイレも使用できず、汚れた床の掃除作業が介護をする人たちにとって負担」と指摘。「避難所への災害用トイレの備蓄をもっと拡充すべき。衛生面で清潔を保つ作業が軽減することでスタッフの負担が格段に減る」と訴える。人手不足は今後も長期化する見通しであることから、有償ボランティアを募って現地に派遣するなど、継続的な支援にも取り組んでいく考えだ。

 被災地での経験を藤沢市内の防災につなげようと、湘南大庭市民センターで断水や停電、防災食を体験する「防災CAMP」も企画している。「災害への備えは、必要と分かっていてもなかなか動けない人が多い。まずは体験して知ってもらえたら」と参加を呼び掛ける。イベントについて詳しくは【電話】0466・54・7006。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

ものづくり体験も

ものづくり体験も

産業フェスタに2万7千人

5月29日

古城都さん美と健康を伝授

元宝塚トップスター

古城都さん美と健康を伝授

無料体験レッスン実施中

5月29日

人形たちに「ありがとう」

人形たちに「ありがとう」

湘南台で供養祭

5月28日

駅前で体を動かそう

駅前で体を動かそう

6月2日(日)、当日参加も

5月25日

20年ぶり“自分”と再会

20年ぶり“自分”と再会

秋葉台小でタイムカプセル開封

5月24日

介護ヘルパー・デイサービス併設の安心な住まい

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook