神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年3月1日 エリアトップへ

「認知症の視野」ⅤR体験 大清水中で特別授業

教育

公開:2024年3月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
認知症患者の視点を体験する生徒ら
認知症患者の視点を体験する生徒ら

 大清水中学校で先月21日、ⅤR(バーチャルリアリティー)を用いて認知症の現実を学ぶ特別授業が開かれ、同校3年生約100人が参加した。

 朝日新聞社が展開する「認知症フレンドリー講座」の一環で、藤沢地区郷土づくり推進会議が主催。同校では昨年に引き続き2度目の開催となった。

 当日は体育館での全体講演が行われ、同社の坂田一裕さんが講師を務めた。講演では、同患者に対する「物忘れ」「徘徊」「意味不明な言動」といった社会のイメージと、当事者の「同じ人間として接してほしい」という思いとの乖離(かいり)を説明。近年の報道の文言についての紹介や、オリジナルドラマの上映なども行った。

 その後はクラスごとにⅤR体験で認知症の人が過ごす世界を体験。1人ずつゴーグルをのぞき、下り階段での空間把握能力の低下や、バスの乗降での記憶障害、錯視などの症状を目と耳で学んだ。参加した男子生徒は「臨場感があり、他人事ではない病気だとわかった。街全体で支えていくことが大切だと感じた」と感想を述べた。同じく女子生徒は「バスで支払いがわからず固まってしまう様子がリアルだった。その人が必要している支援をしていきたい」と話した。

 坂田さんは授業を通じ、「本人の視点に立ち、どのような思いを抱えているかを知ってもらいたい。まずは普通に接し、困っていることがあればフォローする、という支援につながれば」とし、認知症への正しい理解を呼び掛けた。

バス降車時を映したⅤR内の映像(提供)
バス降車時を映したⅤR内の映像(提供)

藤沢版のローカルニュース最新6

元横綱・鶴竜ら学校を訪問

元横綱・鶴竜ら学校を訪問

藤沢場所を前に特別授業

4月13日

「石川」戦乱を生きた人々の地

20チームにボール寄贈

20チームにボール寄贈

藤沢RC創立70周年記念

4月12日

島内と周辺アート一色に

島内と周辺アート一色に

「江の島国際芸術祭」あすから

4月12日

独自視点で「都市近郊農業」

湘南佐藤農園(亀井野)

独自視点で「都市近郊農業」

事業承継後10年で売上10倍に

4月12日

秩父宮に戦いの熱気

秩父宮に戦いの熱気

格闘技大会盛況に

4月12日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook