神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年4月5日 エリアトップへ

江の島エスカー タッチで移動円滑に 混雑解消へキャッシュレス化

経済

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
二次元コードが印字されたチケットでゲートを通過する鈴木市長
二次元コードが印字されたチケットでゲートを通過する鈴木市長

 江島神社入口と江の島頂上にある江の島サムエル・コッキング苑をむすぶ「江の島エスカー」(3区間)にこのほど、キャッシュレス対応の自動改札機が導入された。行楽シーズンにチケット購入者による混雑が観光振興の妨げになっており、島内の移動の円滑化を図る。1日からは交通系ICの利用もスタート。ポストコロナの賑わい創出に向け、市や観光関係者らが経済効果に期待している。

 江の島エスカーではこれまで、観光案内所や発券機で購入したチケットをスタッフが目視で確認。このため通過に時間がかかり、島内で最も集客力のある冬のイルミネーションイベント「湘南の宝石」では入場に1時間以上かかることもあるなど、混雑が観光振興の「ボトルネック」となっていた。

 新たなゲートでは、キャッシュレス対応の自動券売機などで発券された二次元コード付き紙券や小田急電鉄のアプリ「EMot」などに対応。認証部分にかざすとワンタッチで通過することができる。交通系ICの場合、区間に応じた料金が決済され、同苑(イベント時の午後5時以降)では退場時に決済する。

 エスカー1区と同苑入り口の自動改札機導入などにかかる整備費は約5千万円。市が3750万円、運営する江ノ島電鉄が1250万円を負担する。また2・3区と苑内にある江の島シーキャンドルの自動改札機は同社が負担し整備した。

観光客増に期待

 市内の観光客数は2019年に1900万人を突破。 新型コロナ禍で大きく落ち込んだが、その後回復傾向にあり、念願の2千万人を目標に据える。今回の整備で特定の場所に観光客が集中するオーバーツーリズムの解消を図ると同時に人件費を削減し、運営の効率化も見込むという。

 先月25日に現地視察した鈴木恒夫市長は「人手不足や特定の場所への混雑など、江の島が抱える課題の解消に寄与する。キャッシュレス対応などを通じ、2千万人を目指していく」と述べた。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

知の探究重ね300回

善行雑学大学

知の探究重ね300回

創立25年、生涯学習の拠点に

5月24日

交通事故、可視化で防ぐ

交通事故、可視化で防ぐ

市など4者連携「発生マップ」

5月24日

大型連休、人出前年並み

観光客数

大型連休、人出前年並み

混雑回避、分散化一因か

5月17日

藤沢勢がワンツーV

クライミングユース

藤沢勢がワンツーV

日本選手権で上位独占

5月17日

担い手確保に課題

自治会町内会

担い手確保に課題

デジタルや人材活用視野

5月10日

不要な学生服、必要な人に

不要な学生服、必要な人に

市役所内に「回収ボックス」

5月10日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook