神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年4月5日 エリアトップへ

笑顔の繰り手 活動に幕 人形劇サークル「あひるの子」

教育

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
あひるの子のメンバーと手作りの人形たち
あひるの子のメンバーと手作りの人形たち

 六会公民館を中心に、市内各地で人形劇を披露してきたサークル「あひるの子」が先月27日、43年の活動に幕を下ろした。人形や道具はメンバーが手作りし、無償で保育園や幼稚園で劇を演じてきた。六会子育て支援センターで行われた最後の公演では、親子ら約40人がコミカルな物語を楽しんだ。

 「俺様を、もっともっと強くしろ〜!」。オオカミの願いに、子どもたちがぐっと引き込まれる。人形劇サークル「あひるの子」が30年以上演じ続けているオリジナル作品「魔女もどきの花」の一幕だ。人形たちは生き生きとステージを動き、張りのある声で読まれるセリフは子どもたちにも聞き取りやすい。

 この日は演劇のほかにも、「ドレミの歌」や「南の島のハメハメハ大王」などの音楽劇も行われた。全てのプログラムが終わると、参加者から大きな拍手があがった。

 「あひるの子」は、同館の人形劇講座の受講者が1980年に立ち上げた。メンバーは7人。最初に演じた劇が「みにくいあひるの子」だったことが、サークル名につながっているという。

 代表の北脇恭子さんは「終わった時の子どもたちの満足そうな笑顔が何よりのやりがい」と笑顔をみせる。主に幼児向けの作品で年に約40回ほどの公演を行ってきた。現在も公演依頼は多く、サークルの解散を惜しむ声は多い。しかし、メンバーは70代が中心で、かねてから高齢化が課題となっていた。「『腕が落ちたね』と言われる前に、解散しよう」と決めた。

 最後の公演では、子どもの頃に劇を見たという親子も来場していた。横浜に住む30代の女性は「解散と聞いてびっくりした。昔よく見ていたので、子どもたちにもっと見せてあげたかった」と別れを悲しむ。

 サークルは解散するが、人形や道具は市内で新たに人形劇サークル創設を目指す個人に引き継がれる。藤沢の子どもたちを笑顔にしてきた人形たちが、再び動き出す日が来るかもしれない。「その時は、ぜひ観客として劇を見たいですね」。北脇さんは、優しい笑みで人形たちを見送る。

生き生きとした人形の動きに見入る子どもら
生き生きとした人形の動きに見入る子どもら

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

知の探究重ね300回

善行雑学大学

知の探究重ね300回

創立25年、生涯学習の拠点に

5月24日

交通事故、可視化で防ぐ

交通事故、可視化で防ぐ

市など4者連携「発生マップ」

5月24日

大型連休、人出前年並み

観光客数

大型連休、人出前年並み

混雑回避、分散化一因か

5月17日

藤沢勢がワンツーV

クライミングユース

藤沢勢がワンツーV

日本選手権で上位独占

5月17日

担い手確保に課題

自治会町内会

担い手確保に課題

デジタルや人材活用視野

5月10日

不要な学生服、必要な人に

不要な学生服、必要な人に

市役所内に「回収ボックス」

5月10日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook