神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年5月10日 エリアトップへ

不要な学生服、必要な人に 市役所内に「回収ボックス」

社会

公開:2024年5月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
不要になった学生服などの寄付を呼び掛ける市職員
不要になった学生服などの寄付を呼び掛ける市職員

 藤沢市は1日から民間事業者と連携し、不要な学生服を回収し、必要な人に安価に届ける試験的な取り組みを始めた。今月末まで市役所本庁舎1階に回収ボックスを設置。経済的に困窮する世帯の支援にとどまらず、廃棄物の削減や障害者雇用の促進など、SDGs(持続可能な開発目標)の理念を背景に多角的な社会課題解決につなげたい考えで、今後利用ニーズを踏まえ、夏にも実施したいとしている。

 連携するのは、市内で学生服のリユース事業を行う「さくらや藤沢店」(鵠沼海岸)。同店が寄付された学生服を査定し、買い取り額を算定。障害者福祉サービス事業所を運営する社会福祉法人ひばり(善行)にクリーニングを委託し、市価の2〜3割で店頭販売する。同店によると一般的な詰襟(学ラン)の場合、状態にもよるが上着は6千円、ズボンは3千円程度で提供するという。回収品の買い取り相当額を、同店が今年1月に創設された「市こども未来基金」に寄付する。

 事業は1月と2月に同店が市庁舎で実施したランドセルの譲渡会がきっかけ。2日間で35個が新たな持ち主に譲り渡された一方、同時に実施した学生服の募集も31点回収実績があった。

 そこで店主の貝塚直美さん(48)が市に今回の事業を打診。同店は昨年7月に市の「ふじさわSDGs共創パートナー制度」に登録しており、制度の枠組みを活用して協働で実施することになった。貝塚さんは事業の成功に向けて「学生服は思い出が詰まっている分、手放せない人が多い。捨てられない人と必要な人の橋渡しができれば」と期待する。

 今回の事業の結果を踏まえ、市では夏休み期間中にも第2回を開催する予定。市企画政策課では「ぜひ多くの市民のご協力を。寄付を通じてSDGsについて考えるきっかけにもしてほしい」と話す。

 募集しているのは、卒園・卒業から5年以内の幼稚園、小中高校の学生服。園や学校名を備え付けの用紙に記入した上で、ボックスに入れる。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

「大根×魚醤」漬物日本一

「大根×魚醤」漬物日本一

飲食店の渡辺さん考案

6月14日

一部来年度に供用開始

遠藤葛原線

一部来年度に供用開始

第1工区約700m、全線は未定

6月14日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月7日

過去最多の1960万人

年間観光客数

過去最多の1960万人

コロナ5類移行や天候要因

6月7日

国際基準の施設に一新

鵠沼海浜公園

国際基準の施設に一新

「HUG-RIDE PARK」あす開業

5月31日

「朝の保育」住民が協力

湘南台・四ツ辻団地自治会

「朝の保育」住民が協力

登校まで児童一時預かり

5月31日

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook