神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年5月31日 エリアトップへ

ヘアサロン「HONMA」店主、本間さん 父の遺志継ぎ、善意の散髪 障害者に当たり前届けたい

社会

公開:2024年5月31日

  • X
  • LINE
  • hatena
コミュニケーションを取りながらカットする本間さん(=21日、石川)
コミュニケーションを取りながらカットする本間さん(=21日、石川)

 親子2代にわたって藤沢市内の障害者通所施設で善意の散髪を届けている理容師がいる。辻堂神台でヘアサロンを営む「HONMA」店主の本間慎弥さん(47)。昨年11月に急逝した父・義和さん(享年71)が30年来続けてきた活動を、このほど受け継いだ。「カットで心洗われる。そんな当たり前を届けていきたい」。理容師として父が大切にした信条を、今後も活動を通して実践していく考えだ。

 「こっちは苦手?じゃあ別の方向から切ろうね」。21日、石川の社会福祉法人マロニエ会。本間さんが通所する女性に優しく語り掛けながら巧みにはさみを操った。

 チャリティーカットは元々、義和さんが地元同業者と始めた。障害者が店舗で散髪できないことがあると聞いたことがきっかけだったという。

 市が優れた技術者を認定する初代の「藤沢マイスター」でもあり、奉仕団体の藤沢ライオンズクラブにも入会するなど、地域活動にも熱心だった。チャリティーカットは同クラブの活動として年に3、4回、同施設で実施。コロナ禍で一時中止となったが、昨年には復活し、10月末には自らカットに立った。

 それからわずか1カ月後。「お店で急に倒れて、そのまま息を引き取った」と慎弥さん。偉大な職人の背中が不意に遠くなった。

 父を失った悲しみに加え、事業を受け継ぐため多忙な状況が続いた。そうした中、慈善活動を続けるかは岐路でもあった。活動には自らも20年前からも参加。人手や時間など続けるためには課題もあったが、継続に迷いはなかった。「やり方を知っている古参のスタッフもいる。そして何よりも皆さんにさっぱり気持ち良くなってほしい」。決意は固かった。

 当日は4人をカット。周囲も明るく盛り上げ、施設は賑やかなサロンのようになった。施設利用者の母親は「きれいにしてくれ、すごく丁寧にコミュニケーションもとってくださってうれしかった」とコメント。慎弥さんは「楽しかった。父の年齢を考えると、あと20年続けないと」と笑顔を見せた。

亡き父の写真を持つ本間さん
亡き父の写真を持つ本間さん

藤沢版のローカルニュース最新6

長後で七夕まつり

長後で七夕まつり

6日に模擬店や和太鼓

6月22日

マネープランの話

7月12日夜活講座

マネープランの話

6月21日

成長を確かめる夏に

成長を確かめる夏に

藤沢翔陵高校 上田 里(うえだ さとる)(3年・三塁手)

6月21日

死と再生の仮面劇

死と再生の仮面劇

遊行寺で「新版 小栗判官・照手姫」

6月21日

「誰一人取り残さない」社会へ

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授

6月21日

SDGsは「社会変革」SDGsは「社会変革」

たかまつななさん

SDGsは「社会変革」SDGsは「社会変革」

笑下村塾代表 たかまつななさん

6月21日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook