大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年12月4日号 エリアトップへ

「湘南みかんぱん」が逸品認定 大磯・二宮のミカン果汁使用

社会

掲載号:2015年12月4日号

  • LINE
  • hatena
製パン工場で商品を手にする利用者と職員
製パン工場で商品を手にする利用者と職員

 第4回全国逸品セレクション(10月23日、東京八重洲ホール/一店逸品運動協会主催)で、平塚市高根にある知的障害者の就労支援施設「サンメッセしんわ」の「湘南みかんぱん」が準グランプリを受賞した。

 施設利用者の作るユニークなパンは、大磯・二宮町でとれる青摘みミカンの果汁を生地と餡(あん)にたっぷり使用し、爽やかな酸味を利かせている。

 同施設を運営する社会福祉法人進和学園は、実の青いうちに間引きされた早摘みミカンをジュースに活用しようというNPO法人の依頼で、収穫物の選別業務を請け負っていた。さらに同施設が製パン事業を手がけていたことから、果汁を使ったパンの開発を持ちかけられたという。

 開発に関わった職員の中村公紀さんは「市販されているミカンパンを取り寄せてみたがどれも酸味が弱かった。青摘みの持ち味の酸っぱさを意識し、果汁も生地の発酵を邪魔しないぎりぎりの量を入れています」と商品の特徴を紹介する。

 昨年秋に完成したパンは地場産小麦と果汁で生地を作り、平塚市内の鈴木製餡所(豊原町)に外注した餡を包んだ。「利用者が作りやすいよう、慣れ親しんだアンパンと同じ製法にした」と中村さんは話す。

 現在は9人の利用者が月平均で2千個を製造。JA湘南の直売所「あさつゆ広場」や平塚市役所本庁舎の福祉ショップをはじめ、民間商業施設などにも販路を広げ、売れ行きも上々だ。駅売りの冷凍ミカンを彷彿とさせる赤い網に入れ、夏場は解凍直後に食べてもらうなど売り方も工夫した。

 生産と販売に従事する利用者は「買いに来る人がパンを見て驚いてくれる」とにっこり。同施設の今井康巨施設長は「最近はメディアの露出も増え、利用者もやりがいを感じてくれているはず」と、工賃だけではない「報酬」に期待を寄せている。

 全国逸品セレクションは、店の強みを生かした商品開発に取り組もうという「一店逸品運動」に参加する小売業者らが全国から集まり、その年のグランプリを決める。今年は各地で選抜した8団体、15作品がエントリーした。

 今井施設長は「一般店舗が出品する中で、福祉施設の商品が評価された。地産地消を考えて商品づくりをしてきたので、生産者の方々を含めた地域活性にもつながれば」と目を細めて話していた。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

空き家問題に学生案

空き家問題に学生案 教育

産能大生がインターン

8月23日号

新会長に松井氏

県歯科医師会

新会長に松井氏 社会

8月23日号

終戦を見つめた首相2人

終戦を見つめた首相2人 社会

旧吉田邸でミニパネル展

8月23日号

無事故運転の心得学ぶ

無事故運転の心得学ぶ 社会

中井町で交通安全講習会

8月23日号

戦争の記憶  中学生にも

戦争の記憶 中学生にも 社会

二宮町遺族会が紙芝居

8月23日号

健康を維持するヒント

健康を維持するヒント 教育

コミュニティ・カレッジ

8月23日号

町長動向

大磯・二宮・中井

町長動向 政治

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

身代わり地蔵ご開帳

身代わり地蔵ご開帳

西長院 24日に工作や縁日も

8月24日~8月24日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第28回「原敬【3】」文・武井久江

    8月23日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク