大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

弁護士がいじめ予防訴え 二宮中で出張授業

教育

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
弁護士の話を聞く生徒たち
弁護士の話を聞く生徒たち

 二宮中学校(作田雅弘校長)で17日、弁護士によるいじめ予防の授業が行われた。横浜弁護士会子どもの権利委員会のメンバーが1年生4クラスに出向き、中学生がいじめを受けて自ら命を絶った事例を取り上げ、いじめが重大な人権侵害であることを訴えた。

 教科書に「バカ」「死ね」と落書きする行為はいじめになるか。4つの例について生徒は班ごとに話し合った。「直接暴力を振るっていないから、いじめとはいえない」「程度の弱いいじめだ。からかわれた本人はいい気分がしなかったはず」などと、グループによって異なる受け止め方があった。

 「正解はありません」。1年A組で講師を務めた真船裕之弁護士は「いじめる側には遊びの感覚でも、辛い思いをする人がいる。些細なからかいがエスカレートし、深刻な結果をもたらしてしまうこともある。おかしいと思ったら、身近な大人に相談して」と話した。

 生徒たちはいじめについて考え、いじめられる側・いじめる側・見ている側のそれぞれへ向けたメッセージや相談機関の連絡先が入ったカードを受け取った。

 小中学校でのいじめ予防出張授業は、各地の弁護士会が取り組みを広げている。横浜弁護士会では昨年6月に教育関係者へ模擬授業を実施。児童・生徒を対象にした授業を今年から始め、同校が2校目という。

 作田校長は「弁護士バッジにふれる体験もあり、生徒の気づきや成長につながる授業だった」と話した。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

大磯舞台に展開『神神化身(かみがみけしん)』

大磯舞台に展開『神神化身(かみがみけしん)』 社会

伝奇小説×和風楽曲プロジェクト

9月17日号

認知症への理解促す

認知症への理解促す 社会

大学生が二宮町役場にコーナー

9月17日号

3町で23人

新型コロナ感染者数

3町で23人 社会

9月17日号

作品ジャンル多彩に

作品ジャンル多彩に 文化

大磯で合同展示会

9月17日号

悩みごと話すだけでも

悩みごと話すだけでも 社会

二宮によろず相談の拠点

9月17日号

まちかど事件簿

相模水産有限会社

平塚市花水台36-5

0463-31-6266

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook