大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

小中学生家庭学習「全くしない」全国平均上回る 学力など状況調査で大磯町

教育

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena

 大磯町教育委員会が8日に発表した「全国学力・学習状況調査」の分析結果で、小学生が授業以外で行う平日の勉強時間を「30分より少ない」「全くしない」と回答した割合が、全国結果を上回ったことが分かった。中学生でも土日に「全くしない」とする割合が全国より高いという結果が出た。

 調査は、町内の小学6年生251人と中学3年生284人を対象に、国語・算数(数学)・理科の学力調査と、質問形式で学習状況などを問う方法で実施した。町教委は、結果の分析活用に向けた検討委員会を組織し、各教科の正答率や傾向、家庭学習に対する取り組み実態などをまとめた。

 報告によると、家庭学習にほとんど時間を割かない児童生徒の割合が全国平均より多い一方、「2時間以上あるいは3時間以上」行う割合も全国調査と比較して多かった。小学生では、宿題には取り組むものの授業の予習復習を行う割合が少ない結果も出たことから、町教委は「家庭学習の『二極化』が進んでいるわけではないが、保護者、学校と連携しながら家庭での学びの時間を確保していきたい」と話している。

 教科別傾向では、小学国語で漢字の読みに関する正答率が全国平均と同程度だった一方、漢字の書き取りや文中の主語のとらえ方などに課題を残した。中学国語では、全国・県と同様に基礎知識と技能の定着が図られているとしたが、分かりやすい表現語句を使って話す、伝えたい事実を明確に書くといった分野で正答率を落とした。

 理数教科では、小学算数で全国や県と比較して無解答率が高い設問があり、知識を基に粘り強く解答を求める姿勢を育てていく重要性を示した。中学理科では、化学変化に関する領域の正答率が全国平均を大きく上回った。

 「学校生活での規則を守っているか」を問う調査では、小中学生ともに全国と比べて課題が見られたといいう。特に中学生では「どちらかといえば当てはまらない」と答えた生徒が多く、町教委では教職員とともに分析を進めていくとした。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

大磯舞台に展開『神神化身(かみがみけしん)』

大磯舞台に展開『神神化身(かみがみけしん)』 社会

伝奇小説×和風楽曲プロジェクト

9月17日号

認知症への理解促す

認知症への理解促す 社会

大学生が二宮町役場にコーナー

9月17日号

3町で23人

新型コロナ感染者数

3町で23人 社会

9月17日号

作品ジャンル多彩に

作品ジャンル多彩に 文化

大磯で合同展示会

9月17日号

悩みごと話すだけでも

悩みごと話すだけでも 社会

二宮によろず相談の拠点

9月17日号

まちかど事件簿

相模水産有限会社

平塚市花水台36-5

0463-31-6266

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook