大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

向学心も健在 二宮の高齢者が一日大学生

社会

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena
講師の話を聞く参加者
講師の話を聞く参加者

 二宮町の生涯学習センターラディアンで14日、「おじいちゃん・おばあちゃん大学」が開かれた。同町の高齢者約420人が「入学」し、交通安全と振り込め詐欺被害の防止について学んだ。

 社会奉仕団体の二宮ライオンズクラブ(竹原成実会長)が設立時から主催している事業で、今年で48回目。医療や介護予防などシニアに役立つ事柄をテーマに専門家を招き、講義をしてもらう。

 今回は大磯警察署の交通課長と生活安全課長が講師として登場。同署管内では運転免許保有者の4人に1人が65歳以上であり、県全体と比較して高齢ドライバーの割合が高いことなどを説明。自動車運転時や歩行中の注意点をあげ、「夜間の外出には反射材を活用してほしい。交通事故に遭わないで100歳まで長生きしてください」と話した。

 冗談も交えた講義を学生たちは熱心に傾聴。「電話でお金の話が出たらまず疑う」「大事な話は直接顔を見てする」といった、振り込め詐欺に騙されないための呼び掛けにうなずいた。

 講義後のお楽しみ会では歌謡ショーがあり、受講の記念品として同クラブから反射材などが配られた。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「助け合いに役立てて」

「助け合いに役立てて」 社会

二宮ライオンズが寄付

1月14日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

まちかど事件簿

丹精込めた洋蘭ズラリ

丹精込めた洋蘭ズラリ 文化

チャリティー販売も

1月14日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月14日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook