大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

エリトリアからの留学生 国府小児童と交流

教育

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena
児童の質問に答えるケセテさん(右)とデジェンさん
児童の質問に答えるケセテさん(右)とデジェンさん

 アフリカのエリトリア国から星槎グループの運営する学校に留学している学生3人が18日、大磯町の国府小学校で児童と交流した。

 来校したのは、今年1月から星槎国際高校=国府本郷=に通うデジェン・テスファレム・ウェルドゥさん(18)とアヌール・モハメド・アタさん(17)、9月に星槎道都大学=北海道=に留学したばかりのケセテ・ハブテション・ベルハネさん(19)。2020年の東京五輪に向けて同国と事前キャンプの協定を結ぶ大磯町が、地元の子どもたちと交流してもらおうと初めて実施した。

 3人は、放課後子ども教室を利用する児童に母国語のティグリニャ語によるあいさつを行ったり、鬼ごっこをしたりしてふれあいを楽しんだ。3人が陸上競技の中距離選手として東京五輪代表を目指していることを知った児童は「速く走るためにはどうすればいいの」「どんな練習をしているの」などと質問を投げかけた。

 アヌールさんは「大磯の子どもは元気でかわいい」と交流を満喫した様子。将来の夢を聞かれたデジェンさんは「オリンピックに出るために頑張りたい」と笑顔を見せた。3年生の女子児童は「3人とも足が速くて優しかった。オリンピックではエリトリアの選手を応援したい」と話していた。

 同国の事前キャンプに向けては、小田原、大磯、箱根の1市2町、県、星槎グループが協定を結んで受け入れを表明している。

「困った」を「良かった」に

総合リフォーム工事・太陽光発電・外構・土木・プロパンガス販売及び水道など

<PR>

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

鶏解体で「食の裏側」考える

鶏解体で「食の裏側」考える 教育

ワークショップに30人

1月28日号

まちかど事件簿

まちかど事件簿 社会

大磯警察署・松田警察署

1月28日号

町の宝 火災から守れ

町の宝 火災から守れ 社会

善福寺で文化財消防訓練

1月28日号

ゲームで運営訓練

ゲームで運営訓練 社会

二宮町 避難所研修に100人

1月28日号

日本茶の歴史と楽しみ方講座

自治功労者ら15人表彰

自治功労者ら15人表彰 社会

二宮町の医療などに尽力

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook