大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

きんじろう号が行く JA西湘 金融店舗車を導入

経済

テープカットする沼田組合長(中央)ら
テープカットする沼田組合長(中央)ら
 かながわ西湘農業協同組合(JAかながわ西湘・沼田照義代表理事組合長)が、JAグループとしては県内初の金融移動店舗車両を導入した。職員が乗車して管内17カ所を2週間に1度のペースで巡回する。

 JAでは全国的に「農村地域への金融サービス提供と地域貢献」を掲げ、中山間地への金融移動店舗の配備を進めてきた。

 JAかながわ西湘では、11年前の合併以前から店舗統合を進めてきたことから、「一部地域で不便が生じている」との声も出ているという。そこで中山間地域の利便性向上や災害時の金融機能維持を念頭に、金融移動店舗車の導入を検討してきた。

 今回導入した車両は購入費約2千万円の4分の3を農林中央金庫=本店・東京都千代田区=が助成。2トン車の荷台に金融窓口の機能を備えた端末機や印鑑照合用機器などを搭載。ベテラン職員が乗車し、預金の出入金や公共料金納付、通帳記帳、振込などの業務に対応しながら、利用者の身近な要望にも可能な限りこたえていく考え。

 4月13日には小田原市鴨宮のJA本店で運行開始に向けた安全祈願祭が行われ、参列者らを前に沼田組合長が「生活基盤の一助となれば」とあいさつした。

 車両にはマスコットキャラクターの「西湘きんじろう」やミカンやキウイ、米などの特産品のイラストをデザイン。窓口業務を担当する勤続40年のベテラン職員の竹内恵子さんは「各地に出向き、最寄りの支店との橋渡しもしていきたい」と話していた。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月10日号

お問い合わせ

外部リンク