大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

往時の大磯を水彩画に ワークショップ参加者募集

文化

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
写真を元に描く
写真を元に描く

 明治から昭和初期の大磯を水彩画で描くワークショップが、9月15日(土)に鴫立庵(大磯町大磯1289)で開催される。午前9時30分から午後1時まで。事前申込制。

 明治150年記念企画の一つ。観光ナビアプリ「大磯今昔写真」に掲載されている明治から昭和初期にかけてのモノクロ写真を元に、往時の大磯の風景を色彩豊かによみがえらせる。鎌倉水彩画塾を主催する矢野元晴さんが、水彩の新たな表現手法として注目されている「印象画法」を実演を交えて指導。初心者でも1時間程度で描けるという。優秀作品は大磯迎賓舘で開催する「大磯今昔水彩画展」に展示される。

 定員は抽選で20人。参加費1000円。大磯町観光協会のHP(【URL】http://www.oiso-kankou.or.jp/)、または大磯今昔写真のHP(【URL】http://oiso-konjyaku.com/)から申し込む。8月31日(金)締切。問い合わせは同協会【電話】0463・61・3300へ。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

「助け合いに役立てて」

「助け合いに役立てて」 社会

二宮ライオンズが寄付

1月14日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

まちかど事件簿

丹精込めた洋蘭ズラリ

丹精込めた洋蘭ズラリ 文化

チャリティー販売も

1月14日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月14日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook