大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

小田原市消防本部 119番 多言語OK 外国人増加に通訳サービス

社会

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
24時間体制で対応する指令センター
24時間体制で対応する指令センター

 中井町を含む足柄上地域を管轄する小田原市消防本部は、増加が見込まれる外国人からの119番通報に対応するため、多言語通訳サービスを導入。6月1日午前0時から運用をスタートさせた。

 2市5町を含む県西エリアは、9月のラグビーW杯で小田原市が豪州代表の合宿地になり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどでも外国人観光客の増加が予想されている。

 導入したのは民間の電話センターによる通訳サービス。119番通報をすると同本部指令センター(小田原市前川)で受け、外国語の場合はサービスにつないで3者通話を行う。サービスは24時間365日稼働し、英語、韓国語、中国語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語、インドネシア語、フランス語、ロシア語など17カ国語に対応。同時通訳で病状、火災状況、所在地などを聞く。搬送などを行う隊員も携帯電話に機能を導入し、搬送中にも3者通話ができるよう対応する。

 同本部は英語のマニュアルを独自に作成していたが、総務省消防庁が20年までに多言語通訳サービスを導入するよう全国に通達したことを受けシステムを整備した。

 同本部の救急搬送件数は年間約2万件。うち外国人の搬送人数は16年25人、17年29人、18年15人と全体では少ないが、通訳サービスにより現場の到着時間や場所の特定など迅速な対応ができるという。担当者は「どんな状況でも同じように火災・救急サービスを行えることが必要」と話す。
 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

3つ巴の公算

衆院選17区

3つ巴の公算 政治

牧島氏に2氏が挑む

10月15日号

シェアキッチンでつながりを

シェアキッチンでつながりを 社会

コミュニティ醸成や創業支援も

10月15日号

古着・布をリメイク

古着・布をリメイク 文化

つきやまで*KOBA*展

10月15日号

受付時間の変更に注意

受付時間の変更に注意 社会

運転免許や車庫証明など

10月15日号

ポリオ根絶を祈願

平塚・大磯・二宮の6RC

ポリオ根絶を祈願 社会

10月15日号

まちかど事件簿

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook